最新ランキングをチェックしよう
【伊東勤の野球論】短期決戦の4番は自己犠牲の精神必要

【伊東勤の野球論】短期決戦の4番は自己犠牲の精神必要

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/13

《(3)打者編》 捕手にとって嫌なのは「ストライクゾーンなら1球目から振ってくる打者」。昔は1球目はボールを見ろとか、先頭打者は投手にたくさん投げさせろとか言われたが、今は好球必打で、早いカウントのストライクを打ってくる。積極的だがボール球は振らないのがいい打者とされる。

西武・浅村

 いい打者は3球目までに勝負をつけてしまう。だから、現代の野球は、バッテリーの配球が次の打席、あるいは次の試

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
胸元と背中を大胆露出!石原さとみ、チョコレート色のドレスで登場
まるで巨大な赤ん坊...!中国人が北欧で見せた「外交問題級わがまま」
貴乃花親方の届け出受理しない協会は子供 元貴闘力「何も考えてないから...」
「iPhone 6 Plus」から「iPhone XS Max」に乗り換えて感じた違和感の正体
部屋で二人きりにまでなったのに、なぜ!?意中の男が、指一本触れて来なかった本当の理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加