最新ランキングをチェックしよう
【伊東勤の野球論】短期決戦の4番は自己犠牲の精神必要

【伊東勤の野球論】短期決戦の4番は自己犠牲の精神必要

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/13

《(3)打者編》 捕手にとって嫌なのは「ストライクゾーンなら1球目から振ってくる打者」。昔は1球目はボールを見ろとか、先頭打者は投手にたくさん投げさせろとか言われたが、今は好球必打で、早いカウントのストライクを打ってくる。積極的だがボール球は振らないのがいい打者とされる。

西武・浅村

 いい打者は3球目までに勝負をつけてしまう。だから、現代の野球は、バッテリーの配球が次の打席、あるいは次の試

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ファミマで今年一番売れた「ふわとろスイーツ」 「考えた人天才」「めちゃうま」
新垣結衣が「犠牲」となった『獣になれない私たち』最終回に不満が続出
『FNS歌謡祭』大塚愛、うっかり歌詞を間違え... 演奏後の「一言」に絶賛の声
有吉&マツコが語る“上司とうまくコミュニケーションを取る方法”に「名言いただきました」と感銘の声
子猫を拾ったものの、家には大型犬がいるので飼えない。。しかし翌日の心温まる光景を見て飼うことを決心する!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加