最新ランキングをチェックしよう
【伊東勤の野球論】短期決戦の4番は自己犠牲の精神必要

【伊東勤の野球論】短期決戦の4番は自己犠牲の精神必要

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/13

《(3)打者編》 捕手にとって嫌なのは「ストライクゾーンなら1球目から振ってくる打者」。昔は1球目はボールを見ろとか、先頭打者は投手にたくさん投げさせろとか言われたが、今は好球必打で、早いカウントのストライクを打ってくる。積極的だがボール球は振らないのがいい打者とされる。

西武・浅村

 いい打者は3球目までに勝負をつけてしまう。だから、現代の野球は、バッテリーの配球が次の打席、あるいは次の試

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ソウルに漂う悪臭、その原因に韓国ネット「良心の問題」「日本との違いは...」
20代女子がデートで行きたくないチェーン店10。牛丼よりドン引きする1位は...
ディズニーキャラたちを「リアルな人間」として描いた肖像画が素晴らしい! 息づかいすら感じられそうな迫力が人気を集める
【緊急】東京・足立区 つくばエクスプレス駅構内に刃物男 逃走中!
【鳥肌】部屋の中にいる「何者か」に怯える少年の動画が怖すぎると話題に!「マジで怖い」「3歳までは誰でも見える」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加