ダビンチのキリスト画、ルーブル・アブダビで所蔵へ 510億円で落札

ダビンチのキリスト画、ルーブル・アブダビで所蔵へ 510億円で落札

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/12/07
No image

レオナルド・ダビンチの絵画「サルバトール・ムンディ(救世主)」。英ロンドンでクリスティーズが公開(2017年10月22日撮影)。

【AFP=時事】11月に米ニューヨークで競売に掛けられ、美術品としては史上最高額となる4億5030万ドル(約510億円)で落札された、イタリア・ルネサンスの巨匠レオナルド・ダビンチ作とされる約500年前の絵画「サルバトール・ムンディ(救世主)」が、アラブ首長国連邦(UAE)の「ルーブル・アブダビ」美術館に所蔵されることになった。同美術館が6日、明らかにした。

ルーブル・アブダビはフランス国外で初めて「ルーブル」の名を冠する美術館で「アラブ世界初の世界に通じる美術館」と呼ばれている。ツイッター上で作品の画像と共に、アラビア語、英語、フランス語で所蔵することを告知した。

フランス誌ジュルナル・デュ・ディマンシュは、「サルバトール・ムンディ」の落札には投資会社2社が絡んでいると報じ、同作品は今後、中東やアジアの美術館を中心に貸し出されたり売却されたりするだろうと伝えている。

「サルバトール・ムンディ」の落札額は2015年に同じく米ニューヨークで競売に掛けられ、1億7940万ドル(約200億円)で落札されたパブロ・ピカソの「アルジェの女たち(バージョンO)」の記録を大幅に更新した。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロヒンギャの村に極秘潜入。ナショジオ賞作家が見た、厳しい現実
本物? 偽物? “透明マント”の動画が話題
小倉智昭、日馬富士送検に「この程度の事件」 「(とくダネで)何時間使ってんの?」と皮肉も
立ち退きを拒否した結果、自宅周辺がとんでもないことになってしまった世界の15の家
「なぜ僕をいじめるの?」少年の涙の訴えに各界から激励が相次ぐ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加