植物をモチーフにした光沢のあるグリーンセラミックスが美しいラドーの新作ウォッチ『True Thinline』

植物をモチーフにした光沢のあるグリーンセラミックスが美しいラドーの新作ウォッチ『True Thinline』

  • @DIME
  • 更新日:2018/02/14

ラドーからBazel World 2018にて発表される新作「Rado True Thinline」のプレビューが発表された。昨年はハイテクセラミックスのトゥルー シンラインに新たに4種類のカラーが採用されたが、今回はその成功を受け、複雑でありながら有機的なディテールを特徴としたゴージャスなグリーンのタイムピースが誕生した。

No image

社会のデジタル化、機械化が進む中、インスピレーションや装飾の源泉として自然の世界に回帰する人が増えている。こうしたトレンドを受け、ラドーでもGrandi Giardini Italiani(グランディ・ジャルディーニ・イタリアーニ)とクリエイティブなパートナーシップを締結。グランディ・ジャルディーニ・イタリアーニは、デザインと自然との最も重要な接点のひとつ、壮麗なイタリアの庭園の豊かな遺産を守る団体であり、新しいトゥルー シンラインのインスピレーションのもとになっている。

トーン・オン・トーン配色のグリーンのマザーオブパール製のダイアルには、繊細な葉の模様が施されており、ゴールドカラーのインデックスはサファイアクリスタルの表面にメタライズ処理され、まるでダイアルの上に浮かんでいるように見える。植物をモチーフにした、光沢のあるグリーンセラミックス製のこのタイムピースは、華美になりすぎることなくまばゆい輝きを放ち、落ち着いたラグジュアリー感を醸し出している。

「起源としての地球、そして自然の持つ力は、すべての物質が重要であることを私たちが本質的に理解し、未来を再定義するのに最も大切なイメージとなります」とトレンド予測の第一人者であるリドヴィッジ・エデルコートは語る。贅沢なディテールと有機的な外観や感触で、ラドーの新しいトゥルー シンラインは、こうした美を見事に捉えていると言えるだろう。

ミニマリスティックなフォルムと4.9mmの薄さに加え、このグリーンのタイムピースは、ラドーの他のハイテクセラミックス製ウオッチが持つ美しさと性能をすべて備えている。ハイテクセラミックスは軽量性と低アレルギー性のほか、そのスクラッチレジスタンス(耐傷性)でも知られており、自然をモチーフにしたトゥルー シンラインは、個性的なスタイルの表現を重視する世代が一生にわたって装着することができる理想的なアクセサリーだ。

No image

関連情報

https://www.rado.com/

構成/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
娘は親のもの? 「30歳を過ぎている娘」に過保護な親がした最低行動3選
顔診断。顔のパーツから性格を見抜く方法
【ガチ】うつ病の人は「鬱語」を話していることが言語分析で判明! 「絶対に~」「必ず~」を連発する人は危険!?
佐々木希を夜の浅草に連れ出したら、神々しいまでに可愛くて辛くなった
宇野昌磨は“例外”? 記者が「二度と取材したくない!」と叫ぶアスリートを実名暴露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加