香川、完全復活アシスト 左肩脱臼大丈夫!今季初先発で結果

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/15

◇欧州CL1次リーグH組・第1節 ドルトムント1―3トットナム(2017年9月13日)

欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第1節が、13日に8試合が行われ、ドルトムントの日本代表MF香川真司(28)がアウェー・トットナム戦で今季公式戦初の先発出場を果たした。トップ下に入り、0―1の前半11分にアシストを記録。1―3で敗れたが左肩脱臼からの完全復活を印象づけた。欧州CL出場数を28に伸ばし、日本人最多出場記録を持つ内田篤人(29=2部ウニオン・ベルリン)の29にあと1と迫った。

鮮やかなステップで相手を翻弄(ほんろう)した。開始早々に先制を許して迎えた0―1の前半11分、香川はペナルティーエリア内右でパスを受けると、前方にボールを持ち出すフェイントを入れてから素早く後方にリターンパス。新加入のFWヤルモレンコのゴールをアシストし「狙い通りだった。あそこにボールが入ればチャンスになると思っていた」と振り返った。

6月7日のシリア戦で左肩を脱臼した影響で出遅れた。今季公式戦6戦目で初先発。4―2―3―1のトップ下に入り、前半30、34分にスルーパスを狙うなど積極的に攻撃に絡んだ。「どこまでやれるか、やってみないと分からなかった」という状態で、後半21分までプレー。試合は1―3で敗れたが、一夜明けた英紙デーリー・メールから6・5(10点満点)と採点されるなど上々のプレーを見せた。今季欧州CLに出場する日本人は香川だけ。通算出場試合数は28となり、内田の持つ日本人最多29試合まであと1に迫った。

6大会連続のW杯出場を決めた8月31日のオーストラリア戦は故障明けだった影響もあり出番なし。浅野、原口ら若手の台頭もあり、本田、岡崎らとともに日本代表での出場機会は減っているが「練習、試合を重ねていけば、必ずやれる自信がある。これからもっともっと見せていく必要がある」と前を向いた。来年6月14日に開幕するW杯ロシア大会に向けた重要なシーズン。世代交代の波にのまれるには、まだ早い。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
堂安、開幕以来の先発で勝利に貢献! シュートが決勝点につながり今季2勝目
バルサとコウチーニョの個人契約がリーク...リヴァプールとの交渉経緯も暴露
大迫唯一のチャンス生かせず途中交代...最下位ケルンは連敗5で止め今季初の勝ち点1
気になるのは「やっぱりエスパルス」...順天堂大DF村松航太、プロ入り目指しボランチ挑戦も
先発の大迫は好機逸で不発...ケルン、好調ハノーファーとドローで連敗ストップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加