あの人気ブランドで働くオトコたちのカバンの中身を大公開!

あの人気ブランドで働くオトコたちのカバンの中身を大公開!

  • @DIME
  • 更新日:2017/09/14

人気ブランドを支える働く男性たちにこだわりを伺いました。

「人に会うことが仕事」と話すのは干場義雅さん。

「仕事の成功のためには、自分自身と仕事相手のお互いが気持ちのいい状態であることが大切。スケジュール管理などはスマホに集約したうえで、自分のコンディションを整えるグッズを常に持ち歩くようにしています」

干場さんが身だしなみに気を配る一方で、メモ帳や各種定規など、道具選びに強いこだわりを見せたのが吉田のデザイナー・松村力弥さん。エースのマーケティング担当・宮子航さんは、折りたたみ傘から替えのネクタイまで、TPOを意識したスキのないギア選びが光る。そんな中、外回りや出張が多いというセルツの営業・北村拓朗さんは、断捨離派。極力荷物を減らすために、資料はデータ化を基本とし、ハードディスクに入れて持ち歩くそうだ。働き方が異なれば、カバンの中身も違って当然。そうした道具選びのひとつひとつが自分にふさわしい働き方のスタイルを形作っている。

【 ペッレ モルビダ 】

No image

ディレクター 干場義雅さん

メディアの枠を超えて活躍するファッションディレクター。ペッレ モルビダのディレクションも担う。

No image

(1)ノーブランド『iPhoneケース』
長く愛用していたアンドロイドから『iPhone』に乗り換えました。ケースは本物にこだわり、クロコを選んでいます。

(2)ペッレ モルビダ『名刺入れ』、リリーフ『カオリカード』

No image

カードケースはエレガントなリザード製。香りを吸着させたHIROSHI TSUBOUCHIの刻印入りカオリカードで名刺に香りづけしています。

(3)ペッレ モルビダ『クラッチバッグ』
小物を収納するバッグインバッグとして愛用。カッチリしたフォルムなのでパーティーなどでも活躍しています。

(4)ロート『Vロート プレミアム』、ドゥ・ラ・メール『ザ リップ バーム』、ボーテ デュ サエ『ボディミルク』、エルメス『オー ドゥ パンプルムス ローズ』、イプサ『アイクリーム』、マービス『歯磨き粉』
人と会うことが仕事ですので、身だしなみに気を使いますね。TPPOにふさわしいスタイルは大人のマナーです。

(5)アルトイズ『ミントタブレット』
ミントタブレットは人と会う前や頭をスッキリさせたい時に。ボリボリ食べてしまうから、持ち歩きは缶で(笑)。

(6)ジョルジオ・アルマーニ『サングラス』、オリバーピープルズ『メガネ』
サングラスは今年イタリアで購入。シーンで使い分けていますが、撮影小物としても使うので複数持ちが基本です。

(7)ブリオーニ『レザーペンケース』
レザーペンケースはコンパクトで収納力のあるブリオーニ製。長く使っているから、やっぱり愛着がありますね。

(8)パイロット『フリクションボール』
仕事では『フリクション』が手放せなくなりました。その下のゴールドの三菱鉛筆『ペイントマーカー』はサイン用。

No image

『マーレ ブリーフケース』8万2000円

イタリア製の型押しレザーを用いたラグジュアリーなブリーフケース。収納口は大きく開くファスナー式。無駄のないデザインと薄マチ仕様がカバン全体をエレガントな雰囲気に。●幅41×高さ30×奥行き9.5cm

【 ポーター 】

No image

吉田カバン 企画部 松村力弥さん

ポーターの大人気シリーズを生み出すデザイナー。製図道具にこだわりあり。

No image

(1)Apple『MacBook Pro』
これがあればいつでもどこでも作業できます。

(2)ロディア『ドットパッド』
図面を描きやすい罫なしで、切り離すとA4サイズ。

(3)アンカー『Astro 3E』
調べものが多いので、モバイルバッテリーは必需品。

(4)ポーター『ポーター リュクス カードケース』
入社すぐに企画したもので今も手放せない(生産終了品)。

(5)ポーター『ポーター リフト キー&コインケース』
秋冬新作でキー室とコイン室が分かれていて使いやすい。

(6)ポーター『ポーチ(サンプル)』
ハサミ、カッターなど製図道具はまとめてコレに。

(7)ロットリング『製図用シャープペン』
製図用シャープペンは太線用と細線用で使い分け。

(8)ジョンマスターオーガニック『リップクリーム』
打ち合わせが多いのでリップクリームは欠かせません。

No image

『ポーター リフト 3WAYブリーフケース』4万1000円

背負うこともできる今大人気の3WAYブリーフケース。コチラも松村さんの企画だ。●幅42×高さ30×奥行き13cm

【 ゼロニューヨーク 】

No image

エース マーケティング部 宮子 航さん

米ゼロハリバートン勤務を経て現職に。もの選びにもアメリカ的センスがにじむ。

No image

(1)東芝『ダイナブック』
ノートPCは会社から支給されているモデルです。

(2)クロス『ボールペン』
なくしてもすぐ気付くよう、ペンは1本だけ持ち歩く主義。

(3)Apple『iPhone 7』&『iPhone 5』
スマホは2台持ち。通話用、撮影用で使い分けている。

(4)フライトワン『キャンバスポーチ』
コンタクトや目薬、フレグランスなどの小物入れに。

(5)ゼロハリバートン『アメニティケース』
丈夫なポリカーボネート製ケースなので安心です。

(6)オファーマン『マネークリップ財布』
札ばさみ式の財布が好きでずっと愛用しています。

(7)SUSU『折りたたみ傘ケース』
折りたたみ傘は吸水モールを使用した専用ケースに。

(8)モレスキン『クラシックノートブック』
ハードカバーなので高級感があって形崩れしないのが◎。

No image

『グラマシー3WAYバッグ』2万1000円

薄マチ軽量&一本手ハンドルなので背負った時のシルエットもきれい。●幅43×高さ30×奥行き8cm

【 ブリーフィング 】

No image

セルツリミテッド ブリーフィング セールス 北村拓朗さん

営業担当として、商品を愛用することでその良さをアピールしている。

No image

(1)ブリーフィング『ワンジップポーチ』
丈夫なポーチの中にACケーブルやガジェット類を収納。

(2)バッファロー『外付けハードディスク』
データはハードディスクに保存して持ち歩いています。

(3)セイバー『サングラス』
お気に入りのサングラスは西海岸発のセイバー。

(4)ブリーフィング『ペンケース(非売品)』
ペンケースには多機能で書きやすいユニの5色ペン。

(5)ラコニック『手帳 バーチカルレフト』
スケジュールは1か月を見開きで管理するタイプを使用。

(6)ブリーフィング『フラップ11』
『MacBook』はクッション性があって堅牢なケースに。

(7)ファーロ『レザーウォレット』
使い勝手の高いラウンドファスナータイプを愛用中。

(8)ボーズ『Bluetoothイヤホン』
マイク付きなので仕事の電話もつけたまま対応します。

No image

『SQパック』4万2000円

仕事にも使いやすい縦型バックパック。書類やPCをスッキリ収納できる点もお気に入り。●幅33×高さ50×奥行き12.5cm

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
紗栄子の「1歳終わりから英語教育」を林修氏が否定 「正論すぎる」と称賛の声
今では信じられない!昭和の常識ランキング
「僕はゲイだからお泊りさせて」直談判してきた娘の男友達に、母親がイカした切り返し
もう戻れない!「エッチ大好きにさせられた...」元カレのテク3つ
山田優、SNSに投稿した動画に非難殺到 「人としてどうかと思う」と厳しい声も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加