NECとSASがAI領域で協業、需要予測ソリューションを提供

NECとSASがAI領域で協業、需要予測ソリューションを提供

  • 週刊アスキー
  • 更新日:2016/10/19
No image

NECとSAS Institute Japanは10月19日、AI(人工知能)領域での協業を発表。第1弾として、NECの「異種混合学習技術」と「SAS Visual Analytics」を連携した需要予測ソリューションを、11月1日から販売開始する。

このソリューションは、過去の販売実績、気象予報、キャンペーン情報など多様なデータを分析することで、商品ごとの販売数を高精度に予測し、在庫適正化と欠品回避を実現するものだという。

さらにNECは、SASとクラウド型分析サービスの販売パートナー契約を締結。同契約を通じて、AI技術群「NEC the WISE」とSASを組み合せたソリューションを、クラウド型で2017年4月から提供開始する。これにより、AI技術活用の投資対効果の検証や小規模に導入を始めたい企業に、低コストかつ迅速にシステム環境を提供できるとしている。

■関連サイト

プレスリリース

NEC

SAS Institute Japan

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドスパラ、納期最短3日のワークステーション「DP EXPERT」を発表 - 9日から店頭展示も開始
最新版iOSでも危ない!開くだけで電話がかかってしまうリンクを公開した少年が逮捕
3Dプリンターで作れる「日時計」がすごい―デジタル風に時刻を表示
センチュリー、フルHD解像度の11.6型モバイル液晶ディスプレイ
2万円台でお手頃なAnkerのエントリーモデルのロボット掃除機「RoboVac 11」を使ってみた

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加