最新ランキングをチェックしよう
映画『ハウス・ジャック・ビルト』を犯罪心理学者が分析 「シリアル・キラーを描きつつも“本当のシリアル・キラー”ではない」[ホラー通信]

映画『ハウス・ジャック・ビルト』を犯罪心理学者が分析 「シリアル・キラーを描きつつも“本当のシリアル・キラー”ではない」[ホラー通信]

  • ガジェット通信
  • 更新日:2019/06/17

ラース・フォン・トリアー監督の最新作『ハウス・ジャック・ビルト』が、ノーカット無修正版でいよいよ6/14より公開。
建築家を夢見て“理想の家”を追い求める主人公ジャックが、殺人に没頭した12年間の過去を独白する本作。この一風変わった主人公像を紐解くべく、犯罪心理学者の桐生正幸さん、映画ライターの村山章さんによるトークイベントが行われました。
トリアー監督が引用したとおぼしき資料の存在や、実際のシリ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
松重豊が妊活に大奮闘『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』本予告解禁
ワニ×ハリケーンの脅威を描くサバイバル・スリラー『クロール -凶暴領域-』日本公開 サム・ライミが製作を務める[ホラー通信]
『天気の子』世界最速上映、ファンの感想は?新海誠監督&野田洋次郎サプライズ登壇で観客わかす
平原慎太郎&OrganWorksが渾身の一作『聖獣』をふたたび
ストリップダンサーたちはウォール街からどのように大金をせしめたのかという実話を元にした映画「Hustlers」予告編公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加