最新ランキングをチェックしよう
北海道に多い「別」「内」のつく地名が東北にも数多くある理由

北海道に多い「別」「内」のつく地名が東北にも数多くある理由

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2019/01/15

登別、厚別、江別、士別…。稚内、幌加内、岩内、木古内…。これら北海道に多い「別」や「内」の地名は、どちらもアイヌ語の「川」を意味する言葉を漢字で表したものだと言われています。メルマガ『安曇野(あづみの)通信』では、著者のUNCLE TELLさんが、この「別」「内」という地名が東北地方にも多くあるという文献を紹介。東北にアイヌ語由来の地名が多い理由について考察しています。
東北にも多くある○○別・〇

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
日本には「中国とまったく違う習慣や考え方」があることに中国人は驚く=中国メディア
東名高速に損傷が激しい遺体 橋から転落か
「デブ=不健康」は大まちがい。身長170cmの理想体重は意外と重い
二階堂ふみの言葉にネットも涙「悲しすぎる」 『ストロベリーナイト・サーガ』第3話
三品瑠香の初写真集発売 「わーすた」最年少メンバーは美しい18歳へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加