最新ランキングをチェックしよう
北海道に多い「別」「内」のつく地名が東北にも数多くある理由

北海道に多い「別」「内」のつく地名が東北にも数多くある理由

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2019/01/15

登別、厚別、江別、士別…。稚内、幌加内、岩内、木古内…。これら北海道に多い「別」や「内」の地名は、どちらもアイヌ語の「川」を意味する言葉を漢字で表したものだと言われています。メルマガ『安曇野(あづみの)通信』では、著者のUNCLE TELLさんが、この「別」「内」という地名が東北地方にも多くあるという文献を紹介。東北にアイヌ語由来の地名が多い理由について考察しています。
東北にも多くある○○別・〇

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
TOKIO・長瀬智也、退所説の渦中にジャニーズの“おきて破り”でさらなる波紋広がる
井口綾子“地上波”でブラチラハプニング!「いのパイキター!」
“中居正広引退”の噂で甦るSMAP解散騒動の悪夢 「香取慎吾の時と同じ」の声も
文在寅の「経済見殺し」政策に、韓国・中央銀行から上がる悲鳴
駅のホームで並んでいたら... 「背後にいた女性の言葉」に怒りを覚えた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加