敗れたパリクテ「もっと戦えた」早いストップに陣営不満

敗れたパリクテ「もっと戦えた」早いストップに陣営不満

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/06/21

◇WBO世界スーパーフライ級王座決定戦12回戦 ●同級1位アストン・パリクテ(フィリピン)TKO10回1分46秒 同級2位・井岡一翔〇 (2019年6月19日 幕張メッセ)

No image

10R、レフリーが試合をストップし井岡(左)は4階級制覇(撮影・長久保 豊)

敗れたパリクテは敗戦に納得がいかない様子だった。「とにかく早くレフェリーが試合を止めてしまった。私はもっと戦えた」とし、「(自分が)勝っていると思っていた」と振り返った。

昨年9月に同じフィリピン出身のニエテスと戦ったが引き分けでタイトル奪取を逃した。10回TKO負けという結果にパリクテ陣営のマネジャーも「あと2ラウンド戦えていたら結果は違っていた」と肩を抱き寄せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カネロ、恒例の9月ファイトは断念 ふさわしい相手見つからず
パッキャオ「一生で1度の戦い」10歳下王者打ち砕く
橋本道場勢がベルト3本奪取 イノベーション対レベルスは2勝1敗でイノベに軍配
宮原健斗「簡単には負けない」王者の力見せつけ勝利
清水聡が両眼窩底など4カ所骨折 16日に緊急手術
  • このエントリーをはてなブックマークに追加