御嶽海、鶴竜撃破でまた金星!白鵬は4連勝 初場所

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/01/11
No image

鶴竜(上)を押し出しで下す御嶽海(撮影・中島郁夫)

<大相撲初場所>◇4日目◇11日◇東京・両国国技館

前頭筆頭の御嶽海(24=出羽海)がまたも金星を挙げた。2場所連続優勝を狙う横綱鶴竜(31=井筒)が引いたところを一気に出て押し出した。2日目の横綱日馬富士(32=伊勢ケ浜)に続き2個目の金星で3勝1敗とした。鶴竜は3勝1敗。

横綱白鵬(31=宮城野)は、小結栃ノ心(29=春日野)を右四つがっぷりからの力相撲で寄り切り4連勝を飾った。

2日連続金星を配給していた日馬富士は、前頭2枚目荒鷲(30=峰崎)を速い攻めで寄り切り2勝2敗とした。

大関稀勢の里(30=田子ノ浦)は前頭2枚目松鳳山(32=二所ノ関)の押しを右足1本で残して突き落とし、4連勝をマークした。

大関豪栄道(30=境川)は、前頭筆頭の宝富士(29=伊勢ケ浜)を右すくい投げで下し2勝2敗の五分に戻した。

かど番の大関琴奨菊(32=佐渡ケ嶽)は、新関脇正代(25=時津風)に寄り切られて2勝2敗となった。

大関照ノ富士は、前頭3枚目の勢(30=伊勢ノ海)にすくい投げで敗れ3敗目を喫した。

人気力士の前頭4枚目の遠藤(26=追手風)は、同5枚目の嘉風(34=尾車)に動き負けずに押し出し2勝2敗とした。

小兵の前頭9枚目石浦(27=宮城野)は、もろ差しから左へ左へ回り込んで同11枚目輝(22=高田川)を押し出し初日を出した。

十両3枚目の宇良(24=木瀬)は土俵際、同筆頭の豊響(32=境川)の押しを海老ぞって耐え、逆襲から渡し込んで4連勝とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稀勢の里が悲願の初優勝!「無冠の帝王」をついに返上
白鵬ぶん投げた!稀勢の里、大一番制し横綱昇進確実に/初場所
稀勢の里、優勝の日に漏らした弟弟子への感謝 「高安のおかげだよ」
稀勢の里大忙し、部屋祝賀会出席は3分ほど 万感スピーチ「僕なんかを...」
稀勢、不戦勝でも大歓声!Vで綱とり...守屋委員長「13勝なら議論」/初場所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加