「プロ意識に失望。責任を放棄した」。0-4大敗に激怒のエバートン指揮官

「プロ意識に失望。責任を放棄した」。0-4大敗に激怒のエバートン指揮官

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/01/14
No image

エバートン監督、チームに痛烈苦言【写真:Getty Images】

現地時間13日に行われたプレミアリーグ第23節で、エバートンはトッテナムに0-4と大敗した。サム・アラダイス監督は、不甲斐ないチームに怒り心頭の様子だ。

1点ビハインドで折り返したエバートンは、後半の立ち上がりにFWハリー・ケインに追加点を決められると、さらに2点を奪われている。

アラダイス監督は、エバートンの選手たちが戦う意思を見せなかったことが大いに不満なようだ。

「トッテナムにボールを持たれ、我々の選手の多くがもう守備をしないことを選んだ。(GKの)ジョーダン・ピックフォードはもっと決められていてもおかしくなかった。選手たちの今日のプロフェッショナリズムには非常に失望している」

「後半の立ち上がりに0-2とされたからといって、責任を放棄するのはどうかと思う。44分も残っているのだからね」

エバートンは今シーズンの序盤戦で苦しんだ。アラダイス監督の招へいからチームの状態は上がったが、トッテナム戦を落としたことで公式戦4連敗となっている。経験豊富なベテラン指揮官は、そろそろ刺激を与える必要があると感じたのかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
まるでハイジ? 元日本代表FW前田の“1人ブランコ”動画に反響、同僚も「平和すぎる」
フィギュアスケート金メダリスト「オリンピックは逃げ出したいのがノーマル」
中村通は刑事処分まで自粛、12月ひき逃げ容疑逮捕
大金を稼いだのに破産...米スポーツ選手の“異常”な金銭感覚
前代未聞のドーピング事件から考える「勝利の呪い」と依存症の恐怖
  • このエントリーをはてなブックマークに追加