新潟でニワトリが鳥インフルに 23万羽を殺処分へ

新潟でニワトリが鳥インフルに 23万羽を殺処分へ

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/12/01
No image

新潟県で、関川村に続いて新たに上越市の養鶏場でもニワトリが鳥インフルエンザに感染し、県は1日から23万羽の殺処分を始めました。

新潟県によりますと、上越市の養鶏場で先月29日は40羽、先月30日は新たに60羽が死んでいるのが見つかり、遺伝子検査の結果、鳥インフルエンザの感染が確認されました。県は、この養鶏場が飼育する23万羽を1日から4日まで殺処分する方針です。処分には県の職員や自衛隊など2100人態勢であたりますが、先に鳥インフルエンザが発生した関川村に防護服やマスク、石灰などを送っていたために資材や機材が不足し、先月30日夜に緊急に福島県などから取り寄せました。すでに殺処分は始まっていて、1日午前3時現在で700羽を処分したということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
電通、ドンキ、佐川、仁和寺・・・「ブラック企業大賞」ノミネート10社発表
狂乱のASKA逮捕劇! その裏で、NHKクルーが怪しげな行動......「一目散に現場を離れていった」
女性の足の裏を20分間ベロベロ!『足なめ男』の不気味な手口にご用心
国公立大学で増えるAO入試枠 変革迫られる入試
福島から避難 教諭が児童を「菌」と発言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加