アルバレス3階級同時制覇かけ11月にコバレフ挑戦

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/09/14

ボクシングのWBAスーパー、WBCフランチャイズ世界ミドル級王者サウル・アルバレス(メキシコ)が11月2日、米ネバダ州ラスベガスのMGMグランドで、WBO世界ライトヘビー級王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)に挑戦することが決まった。アルバレスが13日(日本時間14日)自らのツイッターで明らかにした。昨年12月にWBA世界スーパーミドル王座も獲得しており、勝てば3階級同時制覇、そしてスーパーウエルター級から4階級制覇となる。

「コバレフは危険なパンチャーであり、当然、大きな選手だが、私が取り組みたいチャレンジとリスクの1つ」と挑戦を決めた経緯を明かしたアルバレスは「私のキャリア第2章は計画通りに進んでいる。だからこそボクシングの歴史の本に入るために素晴らしい戦いを続ける」とコメント。5月のIBF世界ミドル級王者ダニエル・ジェイコブス(米国)を下し、3団体統一に成功して以来の試合に向けて意気込んだ。

アルバレスは当初、9月に元3団体統一ミドル王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との3度目対戦が期待されたが交渉はまとまらず、その後にコバレフへの挑戦も浮上したが破談。8月には指名挑戦者のIBF同級1位セルゲイ・デレイビャンチェンコ(ロシア)の交渉に入ったものの、期限内に交渉成立せずにIBF王座をはく奪されていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世界王者大野が宝刀伝授 北九州で柔道教室
盛り上がる日本ボクシング界 王座剥奪された“あの男”の復活にも期待
ホワイト、内藤撃破でIC奪取 必殺技切り返しの応酬制す
新日本・後藤が鷹木に雪辱!10万円超の高級ワインで祝杯
新日本・ホワイト 内藤からIC奪取!後藤が挑戦名乗りも「お前は恥ずべき存在」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加