羽生結弦に米選手が日本語メッセージ 「泣ける」「どれだけ癒されたか」

羽生結弦に米選手が日本語メッセージ 「泣ける」「どれだけ癒されたか」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/11/13

男子フィギュアスケートのジェイソン・ブラウン選手(22)(アメリカ)が、ケガで大会を欠場した羽生結弦選手(22)へ向けて手書きで書いた日本語メッセージが温かいと、ツイッターなどで反響を呼んでいる。

No image

茶目っ気のある笑顔を見せたかと思うと、いきなりメッセージの紙を下から取り出す。紙の上には、星が散りばめて描かれ、ギザギザの吹き出しやハートマークを使って、こう書かれていた。

「ゆずるさんへ、はやくよくなってください!!」

「ゆずるさんへ、はやくよくなってください!! ジェーソン」

ブラウン選手は、顔の前にメッセージの紙を当てた後、軽くおじぎをする仕草をした。2017年11月10日に行われたNHK杯の男子ショートプログラムの演技後、得点を待つブースのキスアンドクライでのことだ。羽生選手は、前日の練習中に負った右足首のじん帯損傷で欠場していた。

ブラウン選手は、親日家で知られ、日本語も勉強しているといい、報道によると、この日朝の練習後にわざわざホテルに戻ってメッセージをしたためた。自身も腰痛などに苦しんで、ケガのつらさが分かっており、「早く元気になって欲しいという気持ちを込めた」とインタビューで語った。

自らのツイッターなどでも、メッセージを掲げたときの写真を載せ、日本語でも「ゆずる選手がいない大会はいつもと雰囲気が違った。。。早く良くなりますようにお祈りしています」と書いている。

このツイートには、3万件以上も「いいね」が付けられており、ファンらから感謝の声が続出している。

「日本のファンがとても大好き!おうえんをありがとう」

「本当にいい人。泣ける。羽生さんに絶対届くよ」「ファンに日本語で挨拶しよったのも本当嬉しい だから好きなんです ありがとう」「ジェイソンのあのメッセージにどれだけ癒されたか...」

11月11日に行われたNHK杯の男子フリーでは、羽生選手に温かいメッセージを送ったブラウン選手に、日本の観客から大歓声が沸いた。トリプルアクセルで転倒するなどミスがあったが、ブラウン選手は声援に喜んだ様子で「本当にありがたかった」と感謝していた。

翌12日のツイートでも、「昨日のパフォーマンスはよくないです。ごめんなさい!でも、今日は新しい日!日本のファンがとても大好き!おうえんをありがとうございます!」と日本語でつぶやいている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
18歳の女王メドベージェワ右足骨折...GPファイナル欠場も
メドベージェワがGPファイナルピンチ 右中足骨骨折を公表
羽生結弦がトロントに戻っていた 小林強化部長「治療とリハビリを続けている」/フィギュア
三原舞依「何で会えないかな...」振付師“行方不明”
羽生結弦 トロントで治療専念 全日本選手権出場については現段階では不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加