最新ランキングをチェックしよう
長寿遺伝子を活性化させるには「30代後半から40代の食生活」がカギを握る

長寿遺伝子を活性化させるには「30代後半から40代の食生活」がカギを握る

  • @DIME
  • 更新日:2017/08/13

40歳。すでに老化は始まっている。だが、腹七分目で体を動かす生活をし、長寿遺伝子と呼ばれるサーチュイン遺伝子を活性化させれば、125歳まで元気に生きることも夢ではない──。日本人初の米国アンチエイジング学会認定医でもある満尾クリニック院長・満尾 正さんに話を聞いた。
 日本では「42歳は男の厄年」と言われています。私も医学的な見地から「40歳は若さの定年」と考えています。
 成長ホルモンや性ホルモ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
古舘伊知郎、ついにフジテレビをリストラ!?「後番組は坂上忍」で業界あきれ顔
料理が台無し!?北斗晶に「言葉遣いも食べ方も酷い!」と批判の声
椎名桔平の苦言にドラマ界から大拍手! テレビ界の“リアリティーのなさ”が止まらない!?
凄腕フェルト職人が「ドラえもん」を作ったら...超リアル! 見目麗しい “イケドラ” が爆誕しました
「キラキラした生理用品のCMばかり。。」生理の現実を歌った自作CMが「よく言ってくれた」と話題に!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加