最新ランキングをチェックしよう
長寿遺伝子を活性化させるには「30代後半から40代の食生活」がカギを握る

長寿遺伝子を活性化させるには「30代後半から40代の食生活」がカギを握る

  • @DIME
  • 更新日:2017/08/13

40歳。すでに老化は始まっている。だが、腹七分目で体を動かす生活をし、長寿遺伝子と呼ばれるサーチュイン遺伝子を活性化させれば、125歳まで元気に生きることも夢ではない──。日本人初の米国アンチエイジング学会認定医でもある満尾クリニック院長・満尾 正さんに話を聞いた。
 日本では「42歳は男の厄年」と言われています。私も医学的な見地から「40歳は若さの定年」と考えています。
 成長ホルモンや性ホルモ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
加熱式タバコ、半年吸ったら健康になった!?
あの89歳自撮り婆さん「西本喜美子」の展覧会が開催される!相変わらずシュールと話題に
【心理テスト】この絵、何に見える? 答えでわかる恋人ができる時期
「最初にコーヒーが飲めるのは誰?」ツイッターで流行っていたコーヒーのクイズ
【GU】メンズパーカーがすごい!!どんなアウターとも相性抜群
  • このエントリーをはてなブックマークに追加