槙野、9日間で3試合をこなす強行日程も“うずうず宣言” 「たくさんの試合がしたい」

槙野、9日間で3試合をこなす強行日程も“うずうず宣言” 「たくさんの試合がしたい」

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/11/12
No image

ブラジル戦でフル出場 18日にはACL決勝第1戦を控えるなかでベルギー戦を迎える

日本代表DF槙野智章は、現地時間14日にベルギー戦、18日は所属する浦和レッズでサウジアラビアでとのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦を控える。中3日での強行日程となるが、「選手として非常にポジティブ」と前向きに捉えた。

浦和は今季、リーグ戦で中位に低迷しているもののACLでは快進撃を見せ、10年ぶりの決勝進出を勝ち取った。上海上港(中国)と戦った準決勝のプレーがバヒド・ハリルホジッチ監督に高く評価され、10月の代表活動にも招集された槙野とDF遠藤航に加え、GK西川周作とFW興梠慎三の代表復帰、MF長澤和輝の初招集につながり、5人という代表チーム内での“最大派閥”を形成することになった。

その一方で、ACL決勝戦を直前に控えたタイミングでの大量招集は物議を醸し、ハリルホジッチ監督もメンバー発表会見で「浦和と協議をしている」とコメント。さらに、欧州遠征直前のJ1第32節の鹿島アントラーズ戦では、浦和の淵田敬三代表が日本協会の西野朗技術委員長にコンディション面へ配慮を求める言葉をかける事態になっていた。

もっとも、槙野は選手としてポジティブな見解を示す。

「いろんなチーム、選手とやりたい」

「いい相手と試合できること。それは選手として非常にポジティブな面だと思うし、もちろん日程のところを兼ね、クラブのところを考えることはあるかもしれないけど、個人的な意見としては多くの試合に出たいし、いろんなチーム、選手とやりたいし、経験もしたいとなるとスケジュール的なものではない。たくさんの試合がしたいとうずうずしている」

10日のブラジル戦では、浦和の選手は槙野がフル出場し、遠藤がアディショナルタイムを含めて約10分間のプレーとなった。果たして、ベルギー戦ではどのような起用法になるのか。浦和勢としては9日間で3試合をこなす強行日程のなか、注目を集めるポイントの一つになりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「パスセンスを磨いてもらった」 中村俊輔が絶賛、今も感謝する唯一無二の選手とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加