横浜・増田「宿舎に帰ってから泣きます」笑顔で終戦 進路はプロ一本

横浜・増田「宿舎に帰ってから泣きます」笑顔で終戦 進路はプロ一本

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/12

◇第99回全国高校野球選手権第4日・1回戦 横浜4―6秀岳館(2017年8月11日 甲子園)

No image

<横浜・秀岳館>帽子に書かれた言葉通りに最後まで笑顔の横浜・増田

神奈川大会から4戦連発中だった横浜の今秋ドラフト上位候補、4番・増田は単打1本のみで終戦を迎えた。

昨夏に続き甲子園では不発で、夏の初戦敗退は06年以来11年ぶり。9回は左飛に倒れ、最後の打者となったが「試合前から笑顔を貫こうと決めていた。やり切った。宿舎に帰ってから泣きます」とすがすがしく話した。

帽子のつばに「声と笑顔でチームを救え」と記した主砲は、劣勢でも笑みを絶やさなかった。唯一の安打は先頭で迎えた5回。川端の142キロ直球を鋭く中前へはじき返し「ああいうヒットが自分の持ち味。直球を振り負けずに打ててうれしかった」。そんな姿に、秀岳館・川端は「純粋に野球を楽しんでいるように見えたので、こっちも楽しまないと打たれると思った」と話した。

進路については「プロ一本で考えています」と表明。「子供に夢を与えられるような打者になりたい」。高校通算33本塁打のスラッガーは先を見据えた。 (原田 真奈子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
3人制バスケ女子の矢野 認知度向上へELT持田とイベント
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
西武菊池の反則投球に回答「ハーフスイングと一緒」
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
スカウトが選んだ夏の甲子園ベストナイン。このうちドラフト指名は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加