卓球日本女子がW杯団体戦準V「良い大会」伊藤美誠

卓球日本女子がW杯団体戦準V「良い大会」伊藤美誠

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/11/10
No image

日本対中国 第2ゲームのシングルスでミスし思わず舌を出す伊藤(撮影・河野匠)

<卓球:W杯団体戦>◇10日◇最終日◇東京体育館◇男女決勝

20年東京オリンピック(五輪)のテスト大会を兼ねた卓球のW杯団体戦最終日は10日、東京体育館で男女の決勝を行い、女子の日本は中国に0-3で敗れ、初優勝を逃した。

第1試合のダブルスで平野美宇(19=日本生命)石川佳純(26=全農)組が陳夢、劉詩ブン組にストレート負け。伊藤美誠(19=スターツ)が同世代のライバル孫穎莎に一時2-0とリードするも追い付かれ、第5ゲームも10-7と先にマッチポイントを握りながら逆転を許し、この試合を落とした。続く平野は劉詩ブンに0-3で敗れた。エース戦で流れをつかみかけたが、女王中国のミスのない卓球に、最終的にはのみ込まれた。伊藤は「日本で初めて戦った団体戦。応援に感動したが、平常心でいられるよう慣れないといけない。来年の東京五輪へ向け、そういう意味で良い大会だった」と語った。中国は9連覇。

男子は中国が韓国を3-1で下し、8連覇を決めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
元乃木坂46・斉藤優里のパンチラをカットせずに流したテレ東に拍手喝采
“燃費の悪いドリブル”になぜこだわる? 中島翔哉に捧げたい「久保建英の言葉」
ジャニーズ“幹部”東山紀之「たかがクスリ」沢尻エリカ擁護で大炎上!
1人だけハートが作れなかった少年の機転が素晴らしかった瞬間
沢尻エリカの“尻ぬぐい”は誰!? 『麒麟がくる』、代役にあがった女優の名前
  • このエントリーをはてなブックマークに追加