史上初!女性がノミネート!全米撮影監督協会賞

史上初!女性がノミネート!全米撮影監督協会賞

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2018/01/12
No image

長編映画部門で女性撮影監督がノミネートされたのは初 - 『マッドバウンド 哀しき友情』 - Netflix / Photofest / ゲッティ イメージズ

映画撮影技術における優れた実績を表彰する全米撮影監督協会(ASC)賞のノミネーションが発表され、32年のASC賞史上初めて女性撮影監督が長編映画部門でノミネートされた。

ノミネートされたのは、ディー・リース監督のNetflix映画『マッドバウンド 哀しき友情』の撮影監督を務めたレイチェル・モリソン。これまでテレビ部門で女性がノミネートされたことはあったが、長編映画部門では初めてだと The Wrap は報じている。同賞ノミネーション者の80%はアカデミー賞にもノミネーションされているという。アカデミー賞でも女性の撮影監督がノミネートされたことはない。

授賞式は2月17日にハリウッド&ハイランド・センターで開催される。ノミネートされた長編映画部門の撮影監督は以下の通り。(澤田理沙)

ブレードランナー 2049ロジャー・ディーキンス
『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』 ブリュノ・デルボネル
『ダンケルク』 ホイテ・ヴァン・ホイテマ
『シェイプ・オブ・ウォーター』 ダン・ローストセン
『マッドバウンド 哀しき友情』 レイチェル・モリソン

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1月21日の注目映画第1位は『不能犯』
“見たことない”岩田剛典の連続 ベッドで、炎の中で...“すべて罠”<去年の冬、きみと別れ>
イエジー・スコリモフスキ「早春」初パッケージ化、特典にインタビュー映像
ムロツヨシ 42歳でエランドール賞新人賞!映画「銀魂」大河「直虎」など
禁断のラブシーン!本編映像公開!『ルイの9番目の人生』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加