阪神、救援陣追いつかれるも...引き分けで広島Vは阻止 打線は好機生かせず

  • フルカウント
  • 更新日:2017/09/14

巨人との熱戦は引き分け、9回にドリスが同点に追いつかれる

阪神は14日、甲子園での巨人戦に2-2で引き分けた。負ければ広島の優勝が決まっていたが、この日は阻止。初回に相手エース菅野から大山の2点打で先制すると、秋山は6回無失点と好投。しかし、救援陣が同点に追いつかれ、試合終盤からは再三のチャンスも生かせなかった。

阪神は初回、菅野から上本、糸井が連打で1死一、三塁と好機を作る。続く福留は見逃し三振に倒れるも、大山がレフト前に運び、2点を先制した。

一方、秋山は3回までパーフェクトピッチング。4回にはマギーにライト前への初ヒットを浴び、阿部にも二塁内野安打を許すも、村田を投ゴロに仕留めて無失点。5、6回もヒットを許しながら、得点は許さなかった。

一方、打線も菅野の前に抑え込まれて追加点を奪えず。4回は鳥谷の二塁打などで1死二、三塁の好機を作ったが、大和、坂本が倒れた。

阪神は7回から継投に入る。高橋は3者凡退に仕留めるも、8回は桑原が1失点。そして、9回はドリスが2死一、二塁のピンチを背負うと、長野にはレフト前に運ばれ、同点とされた。しかし、なおも2死満塁のピンチでは宇佐見を空振り三振に仕留めた。

9回裏からは何度もチャンスを作ったが、あと一打が出ず。優勝は阻止したものの、延長12回引き分けに終わった。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
自らナチョスを“お届け”!? 客席ダイブで接触したファンに選手が粋な計らい
オリ・モレルが引退→農家転身へ!27日帰国、第2の人生に意欲満々
ヤクルト・小川&D1星、10月手術へ ともに右肘疲労骨折
工藤監督、伊東監督ねぎらう「田村くんいい捕手に」
栗山監督10年連続50試合超登板の宮西「すごい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加