イチロー、5戦ぶりの先発でマルチ安打、田沢好救援もマーリンズ大敗で5連敗

イチロー、5戦ぶりの先発でマルチ安打、田沢好救援もマーリンズ大敗で5連敗

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/09/15
No image

8月9日以来となるマルチ安打を放ったイチロー

○ フィリーズ 10 - 0 マーリンズ ●
<現地時間9月14日 シチズンズバンク・パーク>

マーリンズのイチローが14日(日本時間15日)、敵地でのフィリーズ戦に「2番・中堅」で5試合ぶりに先発出場。8月9日(日本時間10日)以来となるマルチ安打を放った。なお、自身がもつ中堅スタメン出場のメジャー最年長記録(43歳327日)を更新した。また、救援登板した田沢は1回を投げて、二奪三振含む三者凡退に抑えた。

初回、一死走者なしの場面で第1打席に立ったイチローは、相手先発右腕・トンプソンの4球目、外角低めの変化球を鮮やかにレフト前へ。5試合ぶりの安打となった。

9点を追う3回の第2打席は空振り三振。5回、一死二・三塁で迎えた第3打席は四球を選び、一死満塁と好機を広げるも、後続が倒れ、得点には結びつかなかった。

すると7回、二死走者なしで迎えた第4打席で右二塁打。8月9日(日本時間10日)以来となるマルチ安打を記録した。

この日、イチローは3打数2安打1四球で、打率は.263となった。

田沢は9点を追う6回に3番手として登板。先頭のガルビスを左飛に打ち取ると、3番・ヘレラ、4番・ホスキンスを連続三振に仕留め、三者凡退に抑えた。防御率は5.26となった。

なお、チームは0-10で大敗。5連敗を喫し、借金は「10」となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
後半戦打率は.324、“V字回復”のイチロー来季残留の可能性を地元紙報じる
イチロー初の0球敬遠「ダメ、戻せよという感覚」
イチロー 9回あと一人の場面で同点打!メッツ守護神から快音響かせる
カブス・上原「一体どうなってんねん俺の身体」 ブログで吐露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加