韓国ロッテグループの創業者一族が在宅起訴

韓国ロッテグループの創業者一族が在宅起訴

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19
No image

韓国ロッテグループの創業者一族が在宅起訴されました。

ソウル中央地検は、韓国ロッテグループの重光昭夫会長を映画館の売店の運営権を親族の会社に不正に渡すなどしたとして、約160億円の損害を与えた背任罪などで在宅起訴しました。また、創業者の重光武雄総括会長とロッテホールディングスの重光宏之前副会長を脱税や横領の罪などで在宅起訴しました。これで、韓国ロッテグループの裏金疑惑を巡る一連の捜査は終結しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
今年はダブルで注意が必要? ノロウイルスの傾向と対策
“仮面ライダー”松田悟志、お手柄!妻盗撮男を現行犯逮捕
多摩川遺体“少年の行方”捜す男女の影も―
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
【報ステ】嘘の供述調書作成...麻薬取締官を逮捕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加