アイフォーン7は世界最強「酸」に耐えられるか?振りかけ24時間放置実験

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2016/11/30

YouTube(ユーチューブ)の「iPhone 7 vs World's Strongest Acid - What Will Happen?」(どうなる?アイフォーン7対世界最強の酸)という動画が物議をかもしている。

実験者は硫酸の10000兆倍も強力な「超酸」と呼ばれるフルオロアンチモン酸100グラムを入手し、アイフォーン7にかけて24時間放置した。小さなボトルに入ったフルオロアンチモン酸は、実験者の予想とは違って結晶状になっていて、2回に分けてアイフォーンの上に振り撒き過酸化水素まで注ぎ込んだ。

批判殺到「バカなことはやめろ。自分が死ぬぞ」

結果はアイフォーンの黒い塗装ははげて、シルバーの金属部が露出した。完全に壊れているように見えたが、電源を入れると何事もなかったかのように動き、スクリーンも異常はなかったという。

実験者は「信じられない! アイフォーンは世界最強の酸にも耐えた。感動した! 完璧に動いてる」と興奮気味だが、コメント欄では、もしホンモノのフルオロアンチモン酸を使ったのであれば大変危険であり、実験者も死亡する可能性があったなどとして批判が殺到している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
南極から栃木県大の氷が消える? 棚氷の亀裂の広がりを上空から撮影
人間が失った人体パーツを自力再生できる可能性
腹ぺこバクテリアが下水からエネルギーを取り出し、電力なしで水を浄化
予測罹患率1位の前立腺がん 治療には年齢と進行度考慮を
太陽系大航海時代の「帆船」とは何か ──  JAXA森治助教インタビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加