"4つのD"で自律-分散-協調型の社会へ - インフォテリア賀詞交換会

"4つのD"で自律-分散-協調型の社会へ - インフォテリア賀詞交換会

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/01/12
No image

インフォテリアは1月11日に、賀詞交換会を開催し、2017年の振り返りと2018年の展望を語った。

まず、登壇した代表取締役/CEOの平野洋一郎氏は「従来、当社ではHandbookとASTERIA WARPで人とシステムをつないでいたが、2017年に、モノ(IoT)と人をつなぐモバイルアプリ基盤「Platio」とシステムとモノをつなぐエッジコンピューティング基盤「Gravio」を新たに提供開始した」と2017年を振り返った。

そのうえで「2018年はシンガポールR&Dセンターを開設し、教育レベルの高い東南アジアの中心で研究開発を進める。また、3年前からシンガポールに赴任していた私は日本へ帰任し、グローバルなM&Aと新領域の開拓を進めていく予定だ」と展望を語った。

そして、平野氏はM&Aを進める戦略として"4つのD"を掲げた。ビッグデータやAIなどの「Data」、スマートデバイスやIoTなどの「Device」、ブロックチェーンなどの非中央集権型社会を実現するためのソフトウェアである「Decentralized」、そして、誰でもどこでも使えるようにするための「Design」だ。

「4つのDを加速させていくことに加えて、創業時から目指している"自律-分散-協調"型の社会を実現するためにサービスを提供していきたい」と、将来の展望を述べた。

社外取締役で、フェノックス ベンチャーキャピタル 共同代表パートナー兼CEOのアニス・ウッザマン氏は「私はシリコンバレーにあるベンチャーキャピタルで、世界のトップトレンドに主に投資している。今、最もホットな話題は人工知能。人工知能はデータをベースとしていて、裏にはIoTが絡んでくる。その中で人気のあるデバイスはスマートスピーカー。Amazon EchoとGoogle Homeの2種類を合わせると3900万台売れていると言われている。そしてトレンドは、スピーカーからロボットへと移っていくだろう。IoTの進化も起こると考えている。そのため、インフォテリアの掲げる"4D"は、これからの社会とマッチしていくはず。今後のトレンドにも対応していけるだろう」と、インフォテリアのポテンシャルの高さを訴えた。

最後に、執行役員副社長 最高技術責任者の北原淑行氏は「我々は、過去のデータを含めて新しいものに置き換えるという、データ変換をビジネスでやってきた。近年はデータを取得するためにIoTが登場し、センサーデータや環境データを蓄積し、過去のデータと合わせてAIで活用していく流れになっている。今後は、データをどのように活用することができるか、実際に使う人に気づきのある製品を開発していきたい」と述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
投球の「伸び・キレ」、スマホで分かる ミズノ“IoT野球ボール”の勝算
ドライブ中に必要な情報をわかりやすく表示するケンウッドのハイレゾ対応カーナビ『MDV-Z905W』
超人気アダルトサイトが2017年をまとめた統計レポートを公開、日本人ユーザーのフェチも明らかに
「グノシー動画自動再生機能」の設定方法について
“顧客ファースト”でシェア上位 独自路線の「mineo」、次なる施策は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加