トヨタ、ブラジル工場を拡張...エンジン増産へ

トヨタ、ブラジル工場を拡張...エンジン増産へ

  • レスポンス
  • 更新日:2016/11/30
No image

トヨタ自動車のブラジルにおける製造・販売会社、ブラジルトヨタは11月29日、ブラジル・ポルトフェリスのエンジン工場を拡張すると発表した。

同工場は、トヨタの中南米地域で初となるエンジン工場として、2016年2月に稼働を開始。同工場は、同じサンパウロ州で車両を生産するインダイアツーバ工場と、ソロカバ工場の中間地点にあるポルトフェリス市に位置する。

生産能力は年産10万8000基。従業員数はおよそ320名。投資額は約180億円。排気量1.3リットルと1.5リットルのNR型エンジンを生産し、新興国向けコンパクトカー、『エティオス』に搭載してきた。

今回、ブラジルトヨタは、ポルトフェリスのエンジン工場の拡張を発表。6億レアルを投資し、工場を拡張。2019年から、『カローラ』用のエンジンの生産を行う。

工場の拡張工事が完了すれば、ポルトフェリス工場の生産能力は、年間10万8000基から17万4000基に拡大する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ブレーキと間違えアクセル踏み込んでも急発進せず 「ペダルの見張り番」
なぜ昭和のレーサーレプリカに平成っ子たちが夢中になるの!?
町田市(の一部)、本当に神奈川県になる...ネタでもデマでもなく、本当の話です
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加