死刑囚の供述通り遺体が...山中から白骨化した下半身

死刑囚の供述通り遺体が...山中から白骨化した下半身

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/11/30
No image

2003年の銃乱射事件で死刑が確定した男が別の殺人を告白した事件で、男の供述通り、埼玉県の山の中から遺体の一部が見つかりました。

指定暴力団住吉会系の元組長・矢野治死刑囚(67)は、4人が殺害された前橋市のスナック銃乱射事件で死刑が確定しています。警視庁によりますと、その後、矢野死刑囚は、この事件とは別に不動産会社社長の斉藤衛さん(当時49)を組員などに殺害させたなどと告白していました。この供述通り、埼玉県ときがわ町の山の中から斉藤さんのものとみられる白骨化した下半身が見つかりました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
国の重要無形民俗文化財 「木幡の幡祭り」
愛子さま15歳 動物病院から譲り受けた子猫のセブンを初公開!
財務省主張に文科省ブチ切れ 教職員5万人削減は「暴論」
“ストーカー行為”で職質中...19歳男性飛び降り死亡
山梨 富士山7合目付近で登山者が滑落
  • このエントリーをはてなブックマークに追加