球界最小兵の西武水口、出場機会の増加求め外野挑戦

球界最小兵の西武水口、出場機会の増加求め外野挑戦

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/11/10
No image

西武水口大地

球界最小兵の西武水口大地内野手が、今オフ外野手に挑戦する。

身長163センチで、俊足を生かし今季は代走と代打で20試合に出場。来季も内野手登録だが、出場の幅を広げるため、志願して本格的に外野手練習を開始した。「外野ができれば、代走で出てもそのまま守備に入れる。チームのために何ができるかってことしか考えられない。1軍で出続けられるようにしたい」とチャレンジする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
野球好き歌手河野万里奈が阪神藤川の登場曲をカバー
巨人・山口に6球団興味?先発&救援で好成績を評価 米メディア報道
「獲物を追う動物」プレミア12で世界を驚かせた周東佑京の走塁術
学校へ行きたくない娘に、旦那が伝えた「期待しない友達づきあい」
「半世紀ぶりやんか」観戦・山口氏、大喜び/神宮大会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加