ベン・アフレック、アフガン戦争題材の実話ドラマを監督か?

ベン・アフレック、アフガン戦争題材の実話ドラマを監督か?

  • 映画.com
  • 更新日:2017/09/17
No image

ベン・アフレック Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images

ベン・アフレックが、アフガン戦争を題材にした実話ドラマ「Red Platoon(原題)」を自身の監督作として検討していると、Tracking Boardが報じた。

同作は、2009年10月にアフガニスタンで300人以上のタリバンが国際治安支援部隊の基地を攻撃した「Battle of Kamdesh」を題材にしており、小隊を率いて反撃したクリントン・ロメシア二等軍曹が主人公となる。「マンチェスター・バイ・ザ・シー」でアカデミー賞を受賞した実弟のケイシー・アフレックが主演として検討されている。また、プロデューサーには「アルゴ」を手がけたジョージ・クルーニーが名を連ねていることから、ベンに声がかかったようだ。

ベンといえば、デビュー作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」以来、「ザ・タウン」(10)、アカデミー賞を受賞した「アルゴ」(12)と映画監督として華麗なキャリアを築いてきた。「Red Platoon(原題)」は得意とするサスペンス映画で、弟のケイシーやクルーニーが参加する作品のため、今後の動向から目が離せない。

さらにベンは、役者としてバットマン/ブルース・ウェインとして「ジャスティス・リーグ」に出演。その後、マット・リーブス監督の「ザ・バットマン」に出演することになっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【炎上】映画「交響詩篇エウレカセブンハイエボリューション1」が酷すぎてブチギレ激怒 / 1800円払って思い出を壊されに行くようなもの
子ども向け絵本になった『ダイ・ハード』がちょっと血なまぐさい...
「全員死刑」小林勇貴がフランスで暴走、フル◯ンで観客と親交深める
福士蒼汰主演『愛してたって、秘密はある。』“本当の完結編”Huluで独占配信
『ジャスティス・リーグ』が150トン級の超巨大砂像に!鳥取駅前に11月登場

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加