これもお肌がくすむ原因に?最低限気をつけるべき4つのこと

これもお肌がくすむ原因に?最低限気をつけるべき4つのこと

  • 美LAB.
  • 更新日:2018/02/15
No image

お肌がくすむ原因はさまざま!最低限気をつけるべき4つのことをエステティシャンが徹底解説

「お肌がくすんでいる、暗く見える」「お肌の色がパッとしない、疲れて見える」などの悩みはお肌のくすみサイン。くすみによって暗い印象に見えたり、老けた印象に見えることも‥。お肌がくすむ原因はさまざまですが、最低限これだけは気をつけるべき4つのことをエステティシャンが徹底解説いたします。

■お肌がくすむ原因と気をつけるべき4つのこととは?

(1)規則正しい生活を送ることお肌のくすみとはお肌の血色が大きく関係しています。血色といえば血液の流れです。血液の流れが悪いとお肌の組織や体の組織に栄養が上手く行き渡らず、老廃物が排泄されずにどんより淀んだ状態隣、結果として、お肌がくすんだ状態に見えてしまいます。・バランスのとれた食事・体を冷やさないこと・質のいい睡眠・適度な運動・疲れやストレスを解消する規則正しい生活を送らないと、当然お肌のターンオーバーも乱れがちになります。ターンオーバーが乱れると、古くなった角質がお肌の表面に蓄積し、肌内部にも不要になったメラニンが溜まることで、お肌がくすんで見える原因となります。ターンオーバーが乱れる原因は規則正しい生活はもちろんのこと、血行不良、スキンケア不足による乾燥、紫外線ダメージも大きく関係します。まずはこの規則正しい生活を過ごすことが大前提です。さらに、規則正しい生活を送る中で気をつけるべきこととは?

No image

(2)体を冷やさない、血行を良くしておく日中体を冷やさないように工夫することはもちろん、毎日の入浴によって体を温めること、適度な運動によって筋肉を動かし、体の内側から温めること、食事や食材から体を温めることが大切なポイント。お肌のくすみが気になるからといって決してお顔だけではありません。体の状態こそがお肌の状態です。あらゆる面から温めることにプラスして、お顔を温めてお肌の血行をさらに促進させましょう。水で濡らしたタオルを絞り、ラップに包んでレンジで40秒ほど温めて適度な温度でお顔や首、肩を温めましょう。入浴後スキンケア前におこなうと効果的です。

(3)スキンケア足りている?もう一度再確認しようまずは、正しいクレンジング、洗顔方法で日々お肌に付着するメイクの汚れや外気の汚れを洗い流しましょう。スキンケア不足による乾燥によって、角質に水分や油分が足りず、カサカサ砂漠状態となりくすんで見えている場合もあります。化粧水を手に取り、お顔全体になじませ、さらにコットンに取り、お顔全体に優しくプレスしながらなじませることを2回繰り返しましょう。お肌が乾燥しやすい、していると感じるなら、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドが配合されたものを選びましょう。化粧水の後は、メラニンの生成を防ぐためにビタミンC誘導体やアルブチンの配合された美容液やシートマスクで栄養補給をしましょう。その後は、乳液とクリームでしっかりと水分を角質に閉じ込めます。スキンケアによって角質に潤いを与えることと同時にターンオーバーを整える効果もありますので、スキンケアは重要です。他にもお部屋が乾燥していないか?といった乾燥対策も一緒にチェックしてみましょう。

No image

(4)紫外線ダメージから守る、素早く排泄する紫外線もくすみの原因となります。紫外線は1年中曇りの日も降り注いでおり、浴びているのは春や夏だけではありません。紫外線を浴びることで、お肌の色を決める色素であるメラノサイトが刺激され、お肌を守ろうとメラニンが分泌されるのですが、問題なくお肌のターンオーバーが整っていればメラニンは排泄されます。ですが、ターンオーバーが乱れているとメラニンがお肌の中で停滞し、結果としてくすんで見え、シミの原因にもなります。ですので、紫外線対策によってお肌を守ること、ターンオーバーを正常にしメラニンを溜め込まないことが重要です。日常生活であればSPF20〜30のもの、レジャーなどではSPF50のもなどを塗ってお肌を守りましょう。

No image

このように、お肌をくすませない、透明感のあるお肌を維持するためには、規則正しい生活と冷やさない、乾燥させない、溜め込まないことが最大のポイントです。まず、生活習慣を見直し、何気なくおこなっているスキンケアの見直しや足りていないものの強化をおこなってみることで、くすみ予防や改善への効果につながりますので取り入れてみてはいかがですか?

寒川あゆみエステサロンオーナー、美容家、美容ライター提供記事をもっと読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
サンリオとダイソーがコラボ♡ 簡単キティちゃんネイルのやり方
炭水化物を食べたいときは、コレを一緒に食べれば太りにくい!?
喜ばない女子はいない♡ プレゼントに贈りたいジルスチュアートの新作コスメ
マキア4月号の付録は長井かおりさん監修、ブラシ洗いてんとう虫! コスメ付録の2点にも大注目
“全身が顔”萬田久子さんが教える「ナチュラルメークのすすめ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加