日本ハム大谷2戦連続マルチも敗戦「もうちょっと」

日本ハム大谷2戦連続マルチも敗戦「もうちょっと」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/11
No image

7回表日本ハム2死二塁、左前適時打を放ち右手を挙げる大谷(撮影・野上伸悟)

<楽天4-3日本ハム>◇10日◇Koboパーク宮城

日本ハム大谷翔平投手(23)が、一時勝ち越しの適時打を放った。

2-2で迎えた終盤7回2死二塁。楽天の2番手高梨との対決で、カウント2-1からの4球目、外角高めの143キロ直球を左前に転がした。勝ち越しの適時打で、一塁ベース上で思わず右拳を突き上げる場面も。「勝ち越せてよかったです。スライダー、シュートを頭に入れながら待っていたので、逆方向にうまく打ち返せてよかったと思います」。その裏に追いつかれたが、納得の一打になった。

3回の第2打席には11試合連続安打となる右前打を放っており、これで2試合連続の複数安打をマーク。自身は好調をアピールも2戦連続で競り負けた。「昨日も今日も、もうちょっとかなと思う」と、連夜の惜敗を悔やんでいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
野村ジェームス4強弾!花咲徳栄、埼玉勢初Vへ打倒・東海大菅生
【MLB】メジャーNO1捕手モリーナ、驚愕送球で盗塁阻止「ワオ!」「とてつもない」
西武菊池の反則投球に回答「ハーフスイングと一緒」
元プロ野球選手・森本稀哲、スーパースター・新庄剛志に憧れ金銭感覚が崩壊
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加