「iPhone8」の背面デザイン、初代風の丸みを帯びたガラス製でワイヤレス充電対応か

「iPhone8」の背面デザイン、初代風の丸みを帯びたガラス製でワイヤレス充電対応か

  • iPhone Mania
  • 更新日:2017/03/21
No image

「iPhone8」と噂される、iPhone10周年記念モデルの背面は、初代iPhoneのような丸みを帯びた「水滴」のような形状で、ワイヤレス充電に対応するためガラス製になる、と韓国メディアET Newsが報じています。

初代iPhoneのような丸みを3Dガラスで表現

報道によると、「iPhone8」の背面は、「ウォータードロップ(水滴)デザイン」と呼ばれる、現行のiPhoneよりも丸みを帯びた形状になるとのことです。

素材は、立体成型したガラスを採用することで、ワイヤレス充電にも対応します。

ディスプレイサイズは噂されているとおり5.8インチとなり、初代iPhoneより大きくなる一方で、大幅に薄型化されるとみられています。

OLEDディスプレイはフラット

初代iPhoneの背面にはアルミニウムとプラスチックが用いられ、iPhone 3Gではプラスチックだけになり、iPhone4ではフラットなガラスが用いられました。

ET Newsは、「iPhone8」の有機EL(OLED)ディスプレイは比較的フラットになる、と報じており、これは最近報じられた噂とも一致します。

10周年を記念して、初代iPhoneのデザインを現代風に復刻させる、という演出は世界のiPhoneファンの胸を熱くさせることになりそうで、期待が高まります。

Source:ET NewsviaMacRumors
(hato)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2017年、iPadは進化をやめたのか
4歳の男の子、Siriを使って倒れたママの命を救う!
母親の指紋とSiriで、意識を失った母親の命を救った4歳の男の子
iPhone7に新色レッド登場 「シャア専用?」との声も
Apple Store店員を、スゴイと思うべきか可哀想と思うべきか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加