30年以上前のゲーム、初代『ゼルダの伝説』で新たな隠しマップが発見される

30年以上前のゲーム、初代『ゼルダの伝説』で新たな隠しマップが発見される

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2019/01/14
No image

Image:SKELUX/YouTube

仕込まれたものなのか? それともバグなのか?

1986年に、ファミコンのディスクシステム用に発売されたゲーム『ゼルダの伝説』。宮本茂さんが生んだ名作のひとつですよね。

我々はすでに攻略し尽くされているゲーム、という認識でいるのですが、BGRいわく、実はプログラムの裏には、私たちが知らない「マイナスの世界」が広がっている……というのです。

これは懐ゲーのデータを解析するのが好きなユーチューバー、SKELUXさんが見つけた裏側の世界みたいなステージ。彼は任天堂のプログラマーが隠していたであろう世界を、探し当ててしまったのです。

SKELUXさんによると、『ゼルダの伝説』はスタート地点に戻ることができるチート・コードがあることや、データ的にプレイできるマップがまだあるのではないかということを踏まえて、コードを解析することにしたそうです。

そこで見つけたマップが、「マイナス・ワールド」。

この世界にいる敵キャラはバグっており、岩や木々も素通りでき、何もしなくても隠れていた階段が現れたり、剣をくれる老人を攻撃できたりと、奇妙でちょっと不気味な世界が広がっています。さらに映像に映っていないほかのエリアは、墓石ばっかりなのだそうです。

どこもかしこもバグった感じですが、この世界は意図的にプログラムされたものなのか? それとも単純なバグなのか? 真相が気になってしまいますね。

Source:YouTubeviaBGR

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『スマブラ』生誕20周年!初代64版に対する思いや、参戦決定が1番嬉しかったファイターを大調査【読者アンケート】
PS4/XB1版『PUBG』Vikendi導入アップデートは日本時間1月22日16時から―「生存タイトルシステム」も実装に
『アークザラッド R』凶敵襲来に「“逆襲の鉄槌”ガイオン」が登場―反撃率100%の即死攻撃に注意!
「マギレコ」に暁美ほむら登場、ザギトワ&メドベージェワ出演CMのFull Ver.も公開
【イマドキの気になる現場】「ポケモンGO」再燃!中高年ゲットだぜ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加