日航機墜落事故から32年 遺族らによる灯籠流し

日航機墜落事故から32年 遺族らによる灯籠流し

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/08/12
No image

動画を見る(元記事へ)

520人が犠牲になった日航機墜落事故から12日で32年です。

墜落現場の麓を流れる群馬県上野村の神流川では11日、遺族らが手作りした灯籠(とうろう)を流し、犠牲になった家族や知人の冥福を祈りました。
弟を亡くした美谷島真さん(45):「32年というのは何も関係なくて、今年も会いにきたよ、元気にしてるかいと。弟は僕の心のなかに生きている」
兄一家を亡くした橋本毅さん(63):「色々あった家族のことを報告する日」
12日は慰霊登山が行われ、遺族らはそれぞれの思いを胸に520人が眠る御巣鷹の尾根を目指します。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
潜入!北朝鮮ミサイルで日本政府が逃げ込む自衛隊「真の秘密基地」
マクドナルド、インドで169店舗閉鎖 フランチャイズ先と対立
中国が宇宙人発見を目指す世界最大の望遠鏡、責任者を募集するも応募者ゼロ
白人至上主義者、身元がSNSで特定されまくる → 家族に縁を切られる者も / 米・シャーロッツビル事件の余波
【報ステ】高校生平和大使 今年は発言できず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加