セレーナ・ゴメス、子役時代の苦悩を明かす

  • numero.jp
  • 更新日:2017/09/14

ディズニー・チャンネルの『ウェイバリー通りのウィザードたち』で子役としてスターダムを駆け上がったセレーナだが、10代の頃にビーチで年上の男性カメラマンによって写真を撮られた時には居心地が悪かったという。

セレーナは当時についてこう振り返る。「若い頃は、ただビーチにいるだけでもひどく侵害されている気分だったことを覚えているわ。たぶん、15か16歳頃だったんだけど、たくさんのカメラマンが私の写真を撮っていたの」「私はそんな有名ではなかったと思うんだけど。ただ、すごく冒とくされている気がしたし、嫌だったわ。その状況も理解できていなくて、ただ変な気分だったの。だって若い女の子を大の大人の男性たちが写真に撮っていたんだもの。あの感覚は嫌だったわ」。

そしてセレーナは自身の活動内容ではなく見た目で世間に認識されることにも悩まされたという。「私は仕事に関係ないことで有名になって来ていたわ。その頃、私の情熱がすごく遠くに行ってしまうような気分に襲われ始めていたの。怖かったわ」。

2016年にセレーナは3カ月の活動休止期間をもうけ、持病である全身性エリテマトーデスの治療のために治療施設入りをしていたが、その経験によって自身が精神的に健康で幸福であることの大切さを学んだという。

セレーナはビジネス・オブ・ファッションに対し、「鏡に映った自分を見て『もう十分だわ、これ以上出来るか分からない』と感じた。それで少し止まってみたの。でもだからと言って嫌いだというわけではなく、どうすべきか見出す必要があっただけなの。私が精神的に健康で幸福であることが重要だったのよね」と語った。

©BANG Media International

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロンブー田村淳、特番で“人生を賭けた”重大発表!
「矢口真里の元ダンナ」中村昌也、目も当てられない惨状と次に選んだお相手!
安室奈美恵、引退美談の裏に隠された“苦しい”事情とは? 精神的に追い込まれていた可能性も
大渕愛子 息子のヘルメット治療、5回目の診察結果受け継続治療決意
川島なお美さんの夫・鎧塚俊彦氏に心境の変化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加