<個別株動向>東芝、ローツェ、住友鉱、コーセーRE、古野電=11日後場

<個別株動向>東芝、ローツェ、住友鉱、コーセーRE、古野電=11日後場

  • モーニングスター
  • 更新日:2017/10/11
No image

東芝<6502>(監理)―日本経済新聞の電子版は、東京証券取引所が同社株の「特設注意市場(特注)銘柄」の指定を解除する方針を固めたと報道。前日比1円高の318円。

ローツェ<6323>―主力製品のウエハ搬送機が、デバイスメーカー、製造装置メーカー、ウエハメーカーなどによる設備投資需要の増加で、18年2月期の連結業績予想を上方修正。前日比420円高の2729円。

住友鉱<5713>―現地10日のロンドン金属取引所(LME)で銅やニッケル価格が上昇したことが刺激材料に。前日比131円高の3990円。

コーセーRE<3246>―10日引け後に公募価格が1291円に決定、同価格にサヤ寄せする動きに。前日比21円安の1310円。

古野電<6814>―18年2月期第2四半期(17年3-8月)の連結決算は2ケタの減益で着地。前日比17円安の733円。◎未確認情報などが含まれており、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世界生産1億台、「スーパーカブ」がモデルチェンジ(写真17枚)
神戸製鋼「社員向け」掲示板が「阿鼻叫喚」 「娘がいるんだ!」「家のローンが!」
【日本初】トラック2台分の超大型車両「ダブル連結トラック」が運用開始!人手不足の解決策となるか
分散型ゲームプラットフォーム「MOLD」、仮想通貨を事前販売
なぜ「デフレ脱却」できないのに雇用が改善したのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加