彼氏が見せる別れのサイン LINEが丁寧になってきたら要注意!

彼氏が見せる別れのサイン LINEが丁寧になってきたら要注意!

  • LAURIER PRESS
  • 更新日:2017/03/20

今回は、彼女と別れたいと思った彼氏がとりがちな言動について、一緒に見ていきたいと思います。彼のLINEにこんな兆候が現れてきたら要注意かも……さっそくご紹介しましょう!

1.彼女へのLINEの返信が丁寧になる

No image

男子の中には「俺が別れたいと思っているのだから、とにかくさっさと別れようよ」と思う人もいますが、「これまで、俺によくしてくれた彼女に、別れを切り出したら、彼女はかなり悲しむだろうな」と思う人もいます。そういう男子は、別れたいと思ったら、その気持ちを彼女に悟られまいとして、LINEなどの返信が丁寧になることも!

返信のタイミングが早いとか、メッセージの内容が丁寧とか、やたらと優しくなってきたら要注意のサインです。

別れたくないときはどうすればいい?

こういうケースって、もう彼女もどうすることもできないと思います。別れたいから彼女にけんかをふっかけるような彼氏だと、けんかをするなかで、ふたたび愛がふくらんでいくこともあるでしょう。

しかし「彼女に悪いかな」と、自分を責めつつ、別れのタイミングを読んでいる彼氏って、要するに彼女のことを気遣いつつ、別れのタイミングを読んでいるわけで、彼女としてはどうすることもできなかったりしませんか?

彼氏が、できるだけ彼女のことを傷つけることなく、「彼自身を悪者にして別れてくれること」に感謝するしかないでしょう。

2.彼女への態度がぶっきらぼうになる

No image

自責の念を抱きつつ、LINEの返信をマメにする男子もいれば、自分が彼女と別れたいと思っているという事実を、自分でどう受け止めたらいいのかわからず、ぶっきらぼうになる男子もいます。

とくに若い男子に多いのかもしれません。たとえば25歳くらいの男子だと、そう多くの別れを経験していないので、別れという「非日常の感覚」を、自分でどう受け止め、どう処理していいのか、わからないのです。

別れたくないときはどうすればいい?

彼氏がぶっきらぼうになってゆく過程のなかで、彼女が別れのにおいを察してしまえば、彼女はどうするのがベターなのか? ということですが、たとえば、彼女が彼氏に対して、少しお姉さん的に出る、という方法があると思います。

彼氏は、自分の気持ちを自分で処理できない「お子ちゃま」なわけです、だから、ぶっきらぼうになるわけです。そういう彼に対して「もしかして、私と別れたいと思ってる?」と聞くとか……。

つまり、冷静に二人でよく話をしましょう……という方向にもっていける余地がたくさんあるのです。

3.一瞬おびえるような目をする回数が増える

No image

女子って、彼氏と別れても、2年も3年も相手に恵まれないことは少ないと思います。本命の彼氏にはしたくない男子が言い寄ってきても「1回ならこの男子と寝てもいいかな」と思える機会もあるでしょう。

でも、男子は本命の彼女と別れた後、ごくふつうに2年も3年も相手に恵まれなくて苦しむことになったり……。「この女子とはつきあいたくないけど、寝てもいいかな」と思ったところで、こういうケースの「する・しない」の決定権を握っているのは、常に女子だから。

別れたくないときはどうすればいい?

彼氏がそういうおびえるような目をする回数が増えたなら、別れたくない人は、理由を聞いて話し合うなど、それなりに別れないで済む努力をしましょう。

彼氏が別れたいと思う理由を改善することで、彼氏も考え直してくれるかもしれません。

No image

いかがでしょうか。
血も涙もないような彼氏でもない限り、やっぱり彼氏って「別れたいと思ってしまった俺」に、多少なりとも罪悪感を抱いているものです。

つまり、一般的に言って、男子はやっぱり「女子のことを傷つけるのは、人としての生き方に反することだ」というのを、考えのベースに持っているのです。だから、返信が丁寧になったり、反対にぶっきらぼうになったりします。
そして、「別れてしまえば、次はいつ相手に巡りあえるだろうか」と、別れる前からおびえるのです。
(ひとみしょう)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ギリギリで寸止め!エッチで彼を興奮させる焦らしテクニック5選
一生に一度くらいは...!「実は男子が我慢している」エッチテクとは
言ってくれたら一安心?男性が本命女子にしか言わない4つのこと
デート中に彼の様子がオカシイ...!ホンネは「股間のお悩み」にあった
男子に聞く!「今まで経験したなかで一番凄かったエッチ」3つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加