世界のヤマシタが顔赤らめ...34年前の目の保養告白

世界のヤマシタが顔赤らめ...34年前の目の保養告白

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/10/11
No image

選手村建設現場を視察した後、選手村の思い出を語るJOCの山下泰裕選手強化本部長

「世界のヤマシタ」が水着美女に癒やされた? 日本オリンピック委員会(JOC)と国内各競技団体は11日、建設が進む20年東京大会選手村を視察。JOCの山下泰裕選手強化本部長(61)は、84年ロサンゼルスオリンピック(五輪)を振り返り「村での生活は楽しかった。プールではシンクロ(アーティスティックスイミング)の選手が練習していて、目の保養になった」と話した。

あわてて「いや、誤解しないでください。目の保養と言っても、変な意味じゃなくて」と付け足したが、顔は真っ赤。同大会では負傷しながら柔道無差別級金メダルに輝いたが、重圧は大きかったのだろう。「唯一緊張を緩められる場所が選手村だった」と、極度の緊張の中で戦った34年前を思い出しながら言った。

自身の経験も踏まえ、山下氏は「地元の大会で選手への重圧はさらに大きくなる。選手村を1歩出たら、プレッシャーとの戦い。だからこそ、村では選手がリラックスできるような環境にしたい」と、2年後に向けて話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Fカップのプロボクサー郷司利也子。過酷な減量で胸のサイズが...
テテ 3―0判定で初戦突破、アロイヤン下す WBSSバンタム級T
鷹木慎悟がロスインゴ電撃加入!内藤と浜口道場で縁
井上尚弥 衝撃の初回KO勝ち!世界が驚くWBSS優勝候補の強さ
井上尚弥、衝撃のKO劇から一夜「アドレナリンが出すぎて寝れないよ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加