最新ランキングをチェックしよう
【清水】久しぶりに現われた「ギラギラして尖った」逸材。圧巻の突破力でサイドを支配する松原后は、どこまで伸びるのか

【清水】久しぶりに現われた「ギラギラして尖った」逸材。圧巻の突破力でサイドを支配する松原后は、どこまで伸びるのか

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/08/10

[J1リーグ21節]清水3-2C大阪/8月9日/アイスタ

 久しぶりにギラギラして尖った選手を見た。
 
 常に飢えているなぁという感じの精悍な面構え。人を射抜くような鋭い眼光。身体全体から何かをやってくれそうな匂いをぷんぷんさせる。最近は妙に優等生でおとなしい選手が多く、ギラギラ感のある選手は絶滅危惧種になりつつあったが、清水エスパルスの左サイドバック・松原后は久しぶりに出てきた野性味あふれる

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1、2年生台頭の広島皆実が「心を一つに」5連覇達成!08年度以来の全国王座奪還へ:広島
現役東大生ミスインタ「相手への気遣いが内面の美しさに」
高校選手権の組み合わせが決定! “王者”青森山田は草津東、“サッカー御三家”対決も実現
目指すは2020年東京でのメダル。森保一が五輪代表監督に適任である理由
ハリルを知る外国人記者が疑問視「日本の選手をトップレベルに成長させるメンタリティの持ち主か?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加