便器もカラフルな時代へ!パナソニックの全自動おそうじトイレ、新型『アラウーノ』が10色で展開

便器もカラフルな時代へ!パナソニックの全自動おそうじトイレ、新型『アラウーノ』が10色で展開

  • @DIME
  • 更新日:2017/08/11

パナソニック エコソリューションズ社は、全自動おそうじトイレ「新型アラウーノ」において、トップカバーの10色展開の標準ラインアップ化を決定。簡易防水仕様とリモコン盗難防止機構の付いた店舗用「新型アラウーノ」でも同様に、9月1日より10色展開を実施する。

No image

トップカバーの10色展開は、全自動おそうじトイレ「アラウーノ」の発売10周年を記念した「新型アラウーノ タイプ2」における1年間の期間限定の対応としてスタートした。今回、便器外へ尿のトビハネヨゴレを抑える「機能」に加え、10色のカラーで「空間」をコーディネイトできることが好評なため、対応の継続を決定。さらに簡易防水仕様とリモコン盗難防止機構付きの店舗用「新型アラウーノ」にも展開し、トイレの印象を配慮される店舗やホテルなどへの提案を強化していく。

No image

カラーは、人気の高い「Japanese」「Stylish」「Casual」の3つのテイストから選定。好みに合わせて、住宅用・店舗用のいずれも本体価格にプラス1万円(税別)で色を選べる。なお、同社によれば、対応開始後約8か月間における人気カラーのトップ3は、1位マットブラック、2位パールピンク、3位紅殻色、シャンパーニュだという。

No image

初代「アラウーノ」は、2006年12月に陶器ではない「有機ガラス系新素材」で、汚れがつきにくいトイレとして誕生。泡で洗浄する全自動おそうじ機能を搭載し、トイレの家電化イメージを定着させてきた。2008年には、おそうじ機能はそのままにお求めやすい価格帯の「アラウーノS」、2012年には、節水タイプを発売。2014年には便器外への尿のトビハネ汚れを抑える新機能を搭載した「新型アラウーノ」を発売。

そして2015年10月には、発売開始9年で累計販売台数100万台を達成した。同社では、「これからも『アラウーノ』で、トイレ空間をもっと自由に自分らしくすることを提案していきます」とコメントしている。

No image

関連情報

http://www.panasonic.com/jp/home.html

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
導入企業に聞く「在宅勤務制度」の満足度と課題
KEN OKUYAMA、「Kode ゼロ」発表...700馬力のスーパーカーは1台限り
トヨタはここまでやる 「働き方改革」で加速
【爆速】最高時速350km超の電動モンスターバイク「LS−218」がこちらです
販売「厳しい」50cc原付、それでも「日本の中では必要なカテゴリー」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加