16歳アイドル自殺 遺族が事務所を提訴へ

16歳アイドル自殺 遺族が事務所を提訴へ

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/10/12
No image

動画を見る(元記事へ)

愛媛県のご当地アイドルのメンバーの少女が自殺した問題で、遺族は所属事務所によるパワハラなどが自殺の原因として12日、損害賠償を求めて提訴する予定です。

愛媛県を拠点とするアイドルグループ「愛の葉Girls」の元リーダー・大本萌景さん(当時16)は3月、自宅で首をつって亡くなりました。遺族は事務所からのパワハラや社長から「グループをやめるなら1億円を支払え」と言われたことなどが自殺につながったとして、9200万円余りの損害賠償を求める予定です。
萌景さんの母親:「3月21日に最愛なる娘を失いました。『もうつらい、やめたい』という言葉も私にはラインしてきています」
一方、事務所側はパワハラ行為や「1億円を支払え」といった発言はなかったとしています。
hプロジェクト・佐々木貴浩社長:「『愛の葉Girls』の重労働だとか、言ってない賠償金のことだとか、そんなことで亡くなったとは当然、考えられません」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
女子高生が線路への飛び込みをライブ配信...拡散される映像に怒りの声
民主党「高校無償化」の結果「学校に行けない子ども」が増えている
『モダリーナのファッションパーツ図鑑』急きょ絶版に 読者から著作権侵害の指摘で
「温泉に入っただけ」で男性が4年間も意識不明に その原因に「背筋が凍る」
詐欺グループの「受け子」が職務質問をきっけかに逮捕! 職質を受けた理由が情けない......
  • このエントリーをはてなブックマークに追加