最新ランキングをチェックしよう
日本のレトロゲームが中国で一大ビジネスに?『魂斗羅』が『マリオ』と並びブームなワケ

日本のレトロゲームが中国で一大ビジネスに?『魂斗羅』が『マリオ』と並びブームなワケ

  • 週プレNEWS
  • 更新日:2017/11/27

中国限定配信のスマホゲーム『魂斗羅:帰来』のトップ画面

『魂斗羅(コントラ)』はコナミが1987年にアーケード用に発売したシューティングゲーム。マッチョな軍人が戦場で銃をぶっ放す男くさい作風が、当時の男子に大ウケした。
88年にはファミコン版が登場し、その後も様々なハード機でシリーズ展開されたが、2010年代に入って以降は据え置き機の新作ソフトは発売されず、日本では“レトロゲーム”のイメージが強

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
韓国は無視して進められた、日米英仏加「自国民救出」の極秘協議
日本が無理やり勝ち取ったインド高速鉄道、「成功は相当難しい」=中国メディア
中国文明は韓国“素通り”で日本にやってきた
K−POPだけじゃない!米国に広がる新たな韓国文化=韓国ネット「韓国式は世界に通用する」「ロイヤルティーをもらうべき」
インドの高速鉄道、結局ほとんど日本製に?―英メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加