東海地方、秋の褒章受章者発表 受章した82歳女性の思い

東海地方、秋の褒章受章者発表 受章した82歳女性の思い

  • Jタウンネット
  • 更新日:2017/11/13

[ドデスカ!‐名古屋テレビ]2017年月11日2日放送の「NEWSLINEUP」のコーナーでは、東海地方の秋の褒章受章者について紹介されていました。

今年も秋の褒章の受章者が発表されました。東海地方では、愛知県が42人と2つの団体、岐阜県で25人、三重県で14人が受章しました。

地域活性化に25年間貢献

その中の一人、三重県松阪市の西井玉枝さん(82)は黄綬褒章を受章しました。西井さんは地元の農作物を使用した料理などが楽しめる施設「うきさとむら」を運営し、およそ25年にわたって過疎化が進む地域の活性化に貢献した功績が認められました。

No image

うきさとむらのウェブサイトより

西井さんは受章について「驚きと感謝の気持ちでいっぱい。どこまでできるかわからないが、もう少し若い方たちが来て住んでいただいて世代交代できれば、その方たちに任せていきたい」とお話されました。

秋の褒章は、芸術や学問、社会福祉の分野などで優れた業績を残した人や団体に贈られます。誰でももらえる物ではないので、この地方から今年もたくさんの受章者が出たことをとても誇らしく感じます。(ライター:moca)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“事故の瞬間”大通りで...バイクにはねられ女性重傷
ホテルで51歳女性を殺害、交際相手の31歳男を逮捕
シャンシャン生後160日 木登りや竹かむしぐさも
【報ステ】沖縄・飲酒運転で死亡事故 米兵隊員逮捕
【報ステ】田村さん殺害容疑で再逮捕...座間9人遺体
  • このエントリーをはてなブックマークに追加