世が世なら「お姫様」だった人気スターたち、ロザムンド・クワンやキャシー・チャウら―台湾メディア

世が世なら「お姫様」だった人気スターたち、ロザムンド・クワンやキャシー・チャウら―台湾メディア

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2017/09/15
No image

世が世なら「お姫様」だった人気スターたち、ロザムンド・クワンやキャシー・チャウら―台湾メディア

14日、清朝の貴族の末裔である香港の女優ロザムンド・クワンだけでなく、芸能界には世が世なら高貴な身分だった人が存在している。写真はロザムンド・クワン。

2017年9月14日、清朝の貴族の末裔(まつえい)である香港の女優ロザムンド・クワン(関之琳)だけでなく、芸能界には世が世なら高貴な身分だった人が存在している。聯合報が伝えた。

かつて香港映画界のトップ美女と呼ばれたロザムンド・クワンは、父親で俳優の關山(クワン・サン)が清朝の貴族・瓜爾佳氏の出身。このため世が世なら「格格(皇族や貴族の娘)」とあがめられる存在だった。なお、瓜爾佳氏の末裔には女優キャシー・チャウ(周海媚)、モン・ズーイー(孟子義)らもおり、清代には美人が多いことで知られた瓜爾佳氏の血筋をそのまま受け継いでいる。

今夏、中国映画市場で歴代最高のヒット作「戦狼2」(ウルフ・オブ・ウォー2)を生んだアクション俳優のウー・ジン(呉京)は、清朝の烏拉那拉氏の末裔。映画のメガヒットを受けて、もしウー・ジンが清代に生まれていたら、軍を率いる大将軍だったのではないかと話題になった。

中国の国民的女性歌手のナー・イン(那英)、香港の女優クララ・ワイ(恵英紅)は、同じく清朝の葉赫那拉氏の末裔に当たる。この葉赫那拉氏からは19世紀末、数多くのドラマや映画でも知られる咸豊帝の皇妃・西太后が出現している。(翻訳・編集/Mathilda)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
松本人志、とんねるずとの再共演は「食わず嫌いに来いって言われたら...」
安室奈美恵、引退美談の裏に隠された“苦しい”事情とは? 精神的に追い込まれていた可能性も
「おっぱいが完全に綱手」 叶美香、『NARUTO』の綱手様コスが“本物”でしかない
武井咲、連ドラ降板か...妊娠で撮影困難
「最近調子に乗りすぎ」関係者から不評の超人気芸能人3! ブレイクして天狗状態か!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加