ペイトリオッツが7季連続でAFC決勝に進出 タイタンズに快勝

ペイトリオッツが7季連続でAFC決勝に進出 タイタンズに快勝

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/14

NFLのプレーオフ、アメリカン・カンファレンス(AFC)の準決勝1試合が13日、氷点下7度にまで冷え込んだフォックスボロ(マサチューセッツ州)で行われ、昨季王者で第1シードのペイトリオッツが35―14(前半21―7)で第5シードのタイタンズに快勝。昨季のスーパーボウルでMVPとなったQBトム・ブレイディー(40)が53回中35回のパスを通して、337ヤードと3TDをマークし、7季連続でAFC決勝に駒を進めた。

No image

3TDパスをマークしたペイトリオッツのブレイディー(AP)

ブレイディーはノーハドルからショート・パスを駆使してオフェンスを組み立てて相手の守備陣を翻ろう。一度もサックされることなく、ゲームをコントロールした。

1回戦で第4シードのチーフスに18点差をひっくり返して1点差で勝ったタイタンズは第1Qに先制TDを奪ったものの、QBマーカス・マリオータ(24)は8度のサックを浴びて苦闘。守備陣は第2Q、相手の第3ダウンで3度の反則を犯すなど、好守ともに精彩を欠いた。

チームの反則は10回を数え、このカードは7連敗。14季ぶりにプレーオフで白星を挙げたシーズンだったが、スーパーボウルを過去5度制覇しているペイトリオッツの厚い壁を打ち砕くことはできなかった。

なおペイトリオッツは14日に行われるスティーラーズ(第2シード)対ジャガーズ(第3シード)戦の勝者と21日に対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
張本智和 史上最年少14歳208日でV 東京五輪へ宣言「金メダルを獲りたい」
水谷隼「今日の張本がいつも通りなら...勝てない」
フェデラー 背中「問題ない」
張本 最年少日本一!東京五輪会場で歓喜「ここで金獲りたい」
【1月21日まとめ】激戦を制したナダルは2大会連続でベスト8を決める [全豪オープン]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加