日本の最高裁判事に就任した女性判事、「旧姓を最高裁でも使用」宣言=「日本は遅れているな」「女性の権利では中国は世界最大」―中国ネット

日本の最高裁判事に就任した女性判事、「旧姓を最高裁でも使用」宣言=「日本は遅れているな」「女性の権利では中国は世界最大」―中国ネット

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2018/01/14
No image

日本の最高裁判事に就任した女性判事、「旧姓を最高裁でも使用」宣言=「日本は遅れているな」「女性の権利では中国は世界最大」―中国ネット

13日、新浪は、日本の最高裁判事に就任した女性判事が夫の姓の使用を拒否し、旧姓を使用すると宣言したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2018年1月13日、新浪は、日本の最高裁判事に就任した女性判事が夫の姓の使用を拒否し、旧姓を使用すると宣言したと伝えた。

記事は、日本では結婚後96%の女性が夫の姓になることを選択すると紹介。最高裁大法廷は約3年前に、「夫婦は同一の姓とする」という民法規定を「合憲」と判断しているが、最高裁判事に新たに就任した弁護士出身の宮崎裕子氏は、この伝統を打ち破り「今まで弁護士として使ってきた旧姓を最高裁でも使う」と宣言したと伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「中国では息子でも母親の姓を名乗れるんだぞ。日本は本当に遅れているなあ」「結婚したら夫の姓になって、離婚したらまた姓を変えるのか?そんなにしょっちゅう変更するのか?」などのコメントが寄せられた。中国では夫婦別姓である。

また、「女性の権利では中国は世界最大だと思う」「女性の権益を守ることには賛同する」「さらに一歩進めて、子供も母親の姓にすべき」などの意見も寄せられた。多くのネットユーザーは日本の「夫婦は同一の姓とする」という制度について疑問に感じているようだった。(翻訳・編集/山中)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本からの便にも影響!台湾の空港に正体不明の飛行体で離着陸50分間停止、確認すると...―台湾メディア
ウーマン村本が知らない沖縄と中国の本当の関係(特別寄稿)
日本と中国を知る欧米人、実際に暮らすとしたら「どっちが良い?」=中国メディア
ゾウに踏まれ、海で溺れ......タイで“ルール無視”の中国人観光客が死亡事故を起こしまくり!
インドネシア高速鉄道に新たな問題、請け負った中国は引くに引けず―米華字メディア

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加