自撮り目的で防護壁に登りジャガーに襲われた女性、動物園に「安全策の考慮を」と発言(米)

自撮り目的で防護壁に登りジャガーに襲われた女性、動物園に「安全策の考慮を」と発言(米)

  • Techinsight
  • 更新日:2019/03/15
No image

動物園には、見物客が安全に動物を見学するために柵や壁などが設けられている。しかしそれを乗り越えてジャガーと自撮りをしようとした女性が、ジャガーに襲われるという出来事が米アリゾナ州で起こった。『CNN』『Today』『CBS News』などが伝えている。

3月9日(土)の夜、アリゾナ州リッチフィールド・パークにある動物園「Wildlife World Zoo(ワイルドライフ・ワールド・ズー)」 を訪れていたレアンさんは、ジャガーが展示されているフェンス前にある高さ1メートル弱のコンクリートの防護壁をよじ登り、自撮りをしようとした。

防護壁とフェンスの距離は約1.2メートルほどだったが、防護壁を乗り越えていたとされるレアンさんは、フェンスの隙間からジャガーに腕を捕らえられた。当時、レアンさんのそばに園内スタッフはいなかったが、多くの見物客がおり、そのひとりで家族と一緒に園へ来ていたアダム・ウィルカーソンさんは当時の状況をこのように話している。

「ジャガーの前脚はフェンスから出た状態で、女性の腕に爪を深く立てていました。女性はもう片方の腕でジャガーに捕えられたほうの腕を掴んで、ひたすら叫び続けていました。私の母が水のペットボトルをフェンス内に投げると、ジャガーがそのペットボトルを口にくわえたので、その隙に女性を引き離しました。女性はその後、地面に倒れ込んで叫んでいました。」

女性は園による911通報で駆けつけた救急隊により病院へ搬送され、縫合治療を受けた後、翌日に退院した。手首と上腕あたりに深いひっかき傷を受けたものの、完全に回復する予定とのことだ。女性がジャガーに襲われた時の様子は、周りにいた見物客の携帯電話によって撮影されソーシャルメディアに投稿されると、瞬く間に拡散した。動画を見た人々からは、ジャガーの安楽死を心配する声も多数あがったが、園側は事故をTwitterで報告した後、再びこのようにツイートした。

「女性を襲ったメスのジャガーは、安楽死にはなりません。ジャガーは野生動物です。だからこそ、お客様を安全に守るために防護壁があるのです。人間が勝手に防護壁を乗り越えた時には、問題が起こっても野生動物の責任にはなりません。とはいえ、怪我をされた女性や彼女の家族には同情します。」

事故以降、このジャガーは展示されていない。レアンさんは事故翌日、園を訪れて自分の行為を謝罪した。園側もレアンさんの非を認めた。しかし米メディアの取材で、レアンさんは「私は、防護壁に寄りかかっていただけ」と主張し、目撃者が言うように「完全に防護壁を乗り越えていた」行為を一切認めなかった。更に、園に対してこのように要求した。

「黒のジャガーがフェンスのそばを歩いていたので、いい写真を一緒に撮ろうと思ってコンクリートの防護壁に寄りかかったんです。その行為が間違っていたのは認めますが、園側ももっと防護壁とフェンスの間隔をあけてくれていればよかったのにと思います。だって誰でも届く距離にフェンスがあるし、園側がフェンスの位置をもっと後ろにやって安全を配慮しないと、こういう事故って私が最初でも最後にもならないんじゃないかしら。今回のことで、この園のイメージが今後悪くなってしまうなら申し訳ないとは思うけど、誰でもミスはするし、私は今回の件で学びましたから。」

また、レアンさんは「助けてくれようとした人には感謝しているが、事故当時の様子が勝手に撮影され、ソーシャルメディアで拡散したことについては不快に思っている」と心境を吐露した。

レアンさんを襲ったジャガーは、実は昨年もビデオ撮影をしようとした別の見学者をひっかいたことがあるという。園長含めスタッフらは、今回の出来事を次のように語った。

「女性は非を認めて謝罪しました。ですが、彼女のようにフェンスの外に防護壁がある意味を無視した人は、常にこうした問題を生じさせる可能性を持っているのです。現在、園では防護壁の再検討をしております。」

米動物愛護団体「全米人道協会」代表で最高責任者のキティー・ブロックさんは、「ジャガーは一度ひっかくだけで、大きなダメージを与えることもあります。そして動物にとっても、それは大きなストレスとなります」と話し、他の動物愛護運動家らも次のようにメディアに明かした。

「動物のスペースを侵害すると、動物の不安を引き起こすことになります。ソーシャルメディアでいい写真を投稿したいがために動物に近付く人が増えていますが、それはリスクを晒しているのと同じです。今回も自撮りを望む人のこうした行為が原因で、ジャガーや女性救助のためにジャガーの攻撃を妨害しようと試みた周りの人にまで、最悪の事態を引き起こす可能性もあったわけです。私たち人間は社会の一部であり、また自撮り文化の中にいます。ですが、それは人間にとっても動物にとっても大きなリスクになるということなのです。」

このニュースを知った人からは、「当然ジャガーは悪くない。フェンスに近付いた女が悪い」「非を認めているわりには園の安全対策を非難してるよね」「よく園を責める神経があるもんだ。最低!」「いい加減自分の愚かさに自分で責任を持て!」「防護壁とフェンスは決して近すぎないでしょう。よじ登る女が悪いのよ」「馬鹿な奴ほど自撮りしたがるよね」「こういうことをするのが子供じゃなく大人というところに驚くわ」「ジャガーに近付いたらどうなるかぐらいわからなかったのか!?」「動物園はこれ以上の安全対策を何もしなくていいでしょ。見物客がガイドラインを守ればいいだけなんだから」といった声があがっている。

http://youtu.be/9BzlVVs0524

画像は『Today 2019年3月12日付「Woman attacked by jaguar after seeking selfie speaks out」』『CBS News 2019年3月11日付「Woman clawed by jaguar at zoo says it was a “crazy accident”」(KPHO-TV)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スノーデン容疑者かくまった女性、カナダが亡命受け入れ
仲良しのハトとカメ? よく見たら...
【報ステ】ユリ・ゲラーさん 超能力でEU離脱阻止
昭和~平成、日本の空守る=302飛行隊、F4運用終了-新元号下で試されるF35
広島に落ちた原爆の10倍以上もの威力を持つ隕石がひっそりと地球に墜落していたことが判明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加