西武2戦連続完封負け 辻監督2・5差も意に介さず

西武2戦連続完封負け 辻監督2・5差も意に介さず

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/05/17
No image

日本ハム対西武 7回裏日本ハム1死三塁、降板した十亀(右)をねぎらう辻監督(撮影・河野匠)

<日本ハム1-0西武>◇16日◇東京ドーム

首位西武は2試合連続の0封負けを喫した。

日本ハム上沢を捉えきれなかった。4安打のみで、完封勝利を献上。好投した十亀を援護できなかった。

2連敗となり、2位ソフトバンク、3位日本ハムとのゲーム差は2・5に縮まった。5月6日時点では2位に6ゲーム差をつける独走状態に入っていたが、この2週間で4度目の0封負け。得点力の低下が、チーム成績につながっている。

それでも、辻発彦監督は努めて冷静だった。「良い投手が来たら、こうなる。今日は互いに投手戦。向こうも3安打でしょう」と落ち着いて指摘。ゲーム差については「全然。これだけ負けても、2・5差。また、かみ合ってくれば。少ないチャンスをものにできるように」と意に介さなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日大アメフト宮川泰介選手 潔かった!「僕がやってしまったことに変わりはありません」
大谷、快速左腕チャプマンと初対決 左翼ポール際大ファウルも164キロを遊ゴロ
川口春奈と芹那が「里田まい婚」を狙ってる?
【MLB】二刀流で結果を残す大谷に、また手のひら返し 元球宴選手「別格。ご自由に」
“悪質タックル”日大学長の会見でハプニング 謎の女性が紛れ込み「もの申しに来たのよ!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加