アーセナル、毎年恒例の“野戦病院化”...ヴェンゲル監督、6選手のEL欠場を示唆

アーセナル、毎年恒例の“野戦病院化”...ヴェンゲル監督、6選手のEL欠場を示唆

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/02/15
No image

アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督【写真:Getty Images】

現地時間15日にヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦1stレグのエステルスンドFKを迎えるが、その試合を前にしてアーセナルに怪我人が続出している。チームを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が明かしたと、14日に英紙『メトロ』が報じている。

まず、エステルスンドFK戦の招集メンバーから外れたアーロン・ラムジーに関しては「私が期待したほど回復が遅れているため、少し慎重にならなければならない。エステルスンドFK戦の2ndレグも起用することは出来ないだろう。まだわからないが、たぶんリーグ杯決勝も」と語り、怪我の状態が良くないことを明かした。現地時間25日に行われるリーグ杯決勝のマンチェスター・シティ戦にも出場しない可能性は高いようだ。

続いて「もちろん、アレクサンドル・ラカゼットに関しては皆が知っての通りだ。ジャック・ウィルシャー、ロラン・コシエルニー、GKペトル・チェフも欠場すると思う」とコメントし、最大6週間離脱する見通しとなったラカゼットの他にも、欠場する選手がいることを明かしている。ピエール=エメリク・オーバメヤンもELには出場できないため、スウェーデン1部のクラブが相手と言えども油断は禁物だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
まだまだ続く! 仮想通貨 ICOバブルの行方『NOAH COIN のICO』
小平奈緒、スケート以外にこんなすごい一面が!―中国メディア
「韓国開催の五輪はもはや理解不能」=中国がショートトラックでまたしても失格―中国メディア
同僚批判の韓国スケーターが涙の謝罪、国民は「国辱」と怒り
加藤浩次「なんだコイツ」 スケート北朝鮮選手の「接触行為」に反発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加