最新ランキングをチェックしよう
震災復旧談合で罰金刑、独禁法上の刑事責任について

震災復旧談合で罰金刑、独禁法上の刑事責任について

  • 政治山
  • 更新日:2016/10/19

はじめに
東日本大震災で被災した高速道路の復旧談合を巡り独禁法違反の罪に問われていた道路舗装会社の一つである株式会社佐藤渡辺に対し11日、東京地裁は罰金1億2千万円の判決を言い渡しました。談合を行った場合、独禁法により行政処分である排除措置命令や課徴金が課されることになりますが、別途刑事罰がかされることがあります。独禁法上の刑事責任について見ていきます。

事件の概要
東日本大震災で被災した高速道

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高梨沙羅「超高級ベンツ」に乗る理由
「異常で、いきすぎたセックス」の末の悲劇......タイ人女性の“全裸転落死”で、英国人男性を逮捕
【刑事事件】逮捕された広瀬すず兄の趣味が判明 / ガンダム好きで未成年飲酒も発覚 / 日常的にわらび餅やラーメンを摂取か
経営者「何十年も前から...」 内臓入りフグ販売
「ブサイクな丸顔のデブだった......」女性の尻に入れ墨して逮捕の43歳男が自称していた“ロックミュージシャン”像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加