最新ランキングをチェックしよう
震災復旧談合で罰金刑、独禁法上の刑事責任について

震災復旧談合で罰金刑、独禁法上の刑事責任について

  • 政治山
  • 更新日:2016/10/19

はじめに
東日本大震災で被災した高速道路の復旧談合を巡り独禁法違反の罪に問われていた道路舗装会社の一つである株式会社佐藤渡辺に対し11日、東京地裁は罰金1億2千万円の判決を言い渡しました。談合を行った場合、独禁法により行政処分である排除措置命令や課徴金が課されることになりますが、別途刑事罰がかされることがあります。独禁法上の刑事責任について見ていきます。

事件の概要
東日本大震災で被災した高速道

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
千葉・市川のマクドナルド、男性客画像を一時店に貼り出す
即席みそ汁に異物混入か マルコメが自主回収へ
医師が手術中に“麻薬” 術後ふらつき、院長が通報
下半身燃えている男「焼き殺す」 地下鉄で18人けが
JA京都がダイヤモンド社を提訴 国産コシヒカリの産地偽装疑惑に反発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加