最新ランキングをチェックしよう
震災復旧談合で罰金刑、独禁法上の刑事責任について

震災復旧談合で罰金刑、独禁法上の刑事責任について

  • 政治山
  • 更新日:2016/10/19

はじめに
東日本大震災で被災した高速道路の復旧談合を巡り独禁法違反の罪に問われていた道路舗装会社の一つである株式会社佐藤渡辺に対し11日、東京地裁は罰金1億2千万円の判決を言い渡しました。談合を行った場合、独禁法により行政処分である排除措置命令や課徴金が課されることになりますが、別途刑事罰がかされることがあります。独禁法上の刑事責任について見ていきます。

事件の概要
東日本大震災で被災した高速道

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
日大広報部 2夜連続トレンド入り...今夜は白髪司会者が会見でエキサイト
白髪司会者は日大広報部 会見紛糾「見てても見てなくてもいい」「しつこい!」
日大アメフト問題で明暗を分けた和田正人と武井壮
木村拓哉、「Mステ」から不自然な排除で「新しい地図」へ合流の現実味
日大会見内容に「選手がかわいそう」 前監督らが指示否定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加