ソフトB塚田、左キラー本領!本拠地初アーチで摂津援護 追加点呼ぶ“空振り”の真相は...

ソフトB塚田、左キラー本領!本拠地初アーチで摂津援護 追加点呼ぶ“空振り”の真相は...

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2018/06/14

◆ソフトバンク4-2巨人(13日・ヤフオクドーム)

塚田が自身の本拠地初アーチとなる先制の2号ソロを放った。2回に左腕今村のスライダーを左翼席へ運び「うまく反応できた」と自画自賛。今季は左投手に打率4割2分1厘と「左殺し」の本領を発揮し、2軍で「何があっても文句も言わずに、黙々と練習していた」と話す摂津を援護した一発を喜んだ。7回無死一塁ではワンバウンドの球を空振り三振したが、捕手が捕球できずに一塁走者が一気に三進(記録は暴投)。直後に上林のスクイズで1点を加えた。試合後に一連のプレーを映像で確認して「(バットに)当たってましたね。でも全然気付かなかった」と苦笑いした。

飯塚球審(7回に塚田が空振り三振、その間に一走の福田が三進した場面について)「宇佐見捕手が(塚田のバットがボールに)『当たっている』と。私自身はハーフスイングと見ていた。一塁塁審に聞いてもスイングをとっていた。だからインプレー。(巨人の高橋)監督からは『あれはリクエストできないですよね』と聞かれたので対象外ですと答えました」

=2018/06/14付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロッテ・大嶺翔、借金で引退「返せないトラブルが発生した」 球団申し入れ受理
ロッテ、大嶺翔太が任意引退「借金トラブルで迷惑かけた」
リプレーで誤審判定!鷹中村V弾はやっぱりファウル
FIFA ワールドカップ観戦の寝不足疲れは、これでのりきる! #深夜のこっそり話 #1012
オリックス、検証前から試合やり直し要望...審判団は改めて誤審謝罪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加